THE PAGE(ザ・ページ)さんの短期連載コラムで認知症を食い止めたい!

ザ・ページ

前からやりたかったけど、どうしてもできないことがありました。

それは、「介護への意識はなんとなくあるけど、特に何をするわけでもない」 という見えない多数に向かって記事を書くことです。

このブログを始めた当初は、”これから困るであろう” 人向けに、自分の介護体験談を書こう! そう思ったのですが、気づくと“すでに困っている” 人向けに変わってました。

それこそ2012年10月までは「介護への意識はなんとなくあるけど、特に何をするわけでもない」人って、まさに自分でした。その1か月後に祖母が倒れ、母が認知症確定するという予想外の展開でスイッチが入りました。

今回本を出したことで、THE PAGEの担当者さんの目に留まり、「これから介護する可能性のある人に、ただ不安に思うだけでなくできることを伝えて欲しい」とお声かけ頂きました。ありがたいです!

この記事を書いている時点では、よく読まれている記事(社会)で1位です。
ザ・ページ

The Page コラムの内容

認知症よりも遠距離介護に軸足を置きつつ、1週間に1本ペースで全5回、年末年始の帰省のタイミングに合わせて書いています。この年末年始、久々に会う両親、祖父母を見てこう思うはずです。

「あれ?しばらく見ないうちに、小さくなったなぁ・・・老けたなぁ・・・」

まず見た目に驚き、会話してみると何かおかしい・・・でも年相応だし、そんなもんかな・・・最初ってこんな感じですよね。先送りするとお盆になり、気づけば2年が経過っていう人、日本中にいると思います。

現在、認知症介護をしている皆さまなら、その人たちに”絶対” こう言うはずです。

「今気づけば、MCI(認知症予備軍)で止められるかもよ!!」

3年前の自分に、どうアドバイスするかな?と想像して書くと、介護するかもしれない人に伝わると思って書いてます。1コラムは、このブログ2記事分のボリュームです。

5人でも10人でもいい、このコラムを読んだ方が 「あっ、このまま放置しちゃダメなんだ!」って思ってくれて、認知症発症前のMCIで回避できたなら、こんなにうれしいことはありません。

わたしは医師でも介護職でもないので、何のスキルも持ち合わせていません。お薬も処方できないし、プロのような介助もできません。でもこのコラムで、このコトバで、認知症を回避できる人がもし増えたら、それはお薬以上の効果だと思います。

月間 数千万回も読まれるサイトですから、その影響力はとても大きいです。こういう認知症予防のアプローチもあるかな?なんて思います。

【連載】なんとかなるさ! 認知症でも、遠距離介護はできる!! | THE PAGE(ザ・ページ)【連載】なんとかなるさ! 認知症でも、遠距離介護はできる!! | THE PAGE(ザ・ページ)

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
ザ・ページ
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • 初めまして。いつも拝見させて頂いております。私も在宅介護を経験しました。インターネット企業に勤めておりますので、インターネットを使った介護支援サービスを立ち上げたいと思っております。
    私もそうでしたが、介護は突然訪れ、情報もないまま手探りで進めました。そういう経験を共有できる場があればと思っております。
    立ち上げた際には是非お力をお貸し頂ければと思います!
    宜しくお願いいたします。

  • アリさま

    コメントありがとうございます!そしてブログ読んで頂き、うれしいです!

    アリさまの取り組み、楽しみにしております。いろんな支援の仕方が、まだまだあるはずです。
    アリさまの在宅介護経験は、きっといい形でサービスに反映されると思います。

    わたしが戦力になるのか不安なところがありますが、気軽にお声かけくださいませ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)