注目の認知症セミナー・イベント 3/13・3/14 開催のお知らせ

認知症セミナー

3月13日、14日と注目の認知症セミナー、イベントがあります。わたしも両日とも参加しますので、もし会場で見かけたら、気軽に声かけてくださいね。(名刺交換とかしてるので、分かるかも?)

第2回認知症治療研究会

2016年3月13日(日) 10時~16時30分(開場:9時30分) 
パシフィコ横浜メインホール 会費:2,500円(テキスト代込、当日受付支払い)

会員限定のイベントでしたが、一般参加枠(300人限定)を設けたそうです。医師や介護職の方だけでなく、わたしのような介護家族や興味がある人にも開放される枠です。

昨年の研究会はこんな感じ

特養に務める介護福祉士さんが「ルーティンワークばかりで、認知症の勉強してない」と指摘したり、あるケアマネは包括支援センターを「相談・紹介は行うが、その後どのような治療が進むか把握してないので、繰り返し紹介し続ける」と。ホント刺激的で、へぇ~って思いました。

「介護職は認知症の勉強が圧倒的に足りない!!」認知症治療研究会に参加して

2015.03.04

今回のみどころ

わたしが注目している認知症の先生、オールスターズなイベントです。中でもうちのかかりつけ医・松嶋大先生の講演が、一番の目的です。こういう認知症の先生が世の中にいるんですよ!と言いたいです。ブログ読んでくださっている皆さまだけでもご紹介したいです、ホントです。

コウノメソッドの河野和彦先生の講演は、マジメなんだけどつい笑ってしまうので飽きません。今回も動画で、認知症の方のbefore/afterを紹介してくれると思います。NHKで話題になった脳梗塞の薬シロスタゾールが、認知症の進行を遅らせるというあの話の効果も聴けます。

【NHK】脳梗塞の薬「シロスタゾール」が認知症予防に有効、治験スタート!

2014.07.25

朝日新聞デジタル(アピタル)にコラムを書かれている、長尾和宏先生も講演されます。ブログでは下記本を、以前ご紹介しました。

【施設に預ける前に読むべき本】「ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!」を読んで

2015.03.27

にほんブログ村(認知症部門)でも人気の鹿児島認知症ブログ、平山貴久先生も講演されます。

コウノメソッドに触れたことがない方は、一度参加されてみることをオススメします。認知症治療の世界観が、一変すると思います。ちなみにコウノメソッド以外のお話もあります。看護師さんの話も興味深いです。

詳しい情報・お申込みはこちら

認知症は、治そうと思わないと治らない

2016年3月14日(月)10時~12時 (開場:9時30分)
大手町サンケイプラザ4階ホール 会費:1,000円(テキスト代込、当日受付支払い)
講師:河野和彦先生

今回のみどころ

認知症は改善することを前提に、家族とご本人を救う方法について、実際の診察室で撮影された動画で河野先生が解説してくださいます。

この動画を見ると、ご家族はエッ?と感じるはずです。お薬の処方ミスでこんなにも差が出るの?とか、お薬のチョイスで、こんなに劇的に変化するの?そういう動画です。

詳しい情報・お申し込みはこちら

月曜日の朝ですが、聞いてみたらすでにかなりの申し込みがあるそうです。パシフィコ横浜よりも会場が狭いので、こちらはお早目にお申込みください。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)