ブログが4年目に突入し、祝日なので振り返ったりご報告したり・・・

2013年3月21日からスタートしたこのブログも、本日より4年目に突入しました!

2013年3月はどういう月だったかというと、

  • 祖母が大腿骨骨折の手術をして退院、のべ4つ目の病院へ転院
  • 母の認知症を診るいい先生が見つからず困っていたところ、本で今の先生を見つける
  • 母の認知症治療はスタートしてなくて、ケアプランの見直しを繰り返す
  • 転職直後の介護スタートだったので、たった1年1か月で会社を退職することに
  • 成年後見人の任務も始まる

こんな忙しいタイミングで、ブログを始めようと思ったのはなぜか?自分でもよく分かりません。

この3年で読まれた回数(PV:ページビュー)は、150万回を超えました。実数で見ると、すごい数字です。(ブロガーの世界では、自慢できる数字ではないです)

ページビュー

このとおり、150万回です。折れ線グラフは月別の数字で、最後下降しているのは3月が途中だからです。じわじわと伸びてます。

右下の31.8%というのは、リピーターの割合です。わたしの他のブログは20%以下ですので驚異的な数字です。残りはYahooやGoogleから検索でいらっしゃる方です。

gender

女性7割、男性3割というブログ読者シェアですね。

age

40歳からの~というタイトルのせいでしょうか?35歳から54歳で約半分のシェアがあります。若い方が多いのは、介護職とかヤングケアラーの皆さまかもしれません。

4年目はどうなる?

今年73歳になる母ですが、今はだいぶ落ち着いています。なので、落ち着いている間に出来ることをいろいろやろうと。

出版後、リアルの場でお会いする機会がかなり増えました。不思議な人脈の広がり方をしていて、とても楽しいです。わたしには会社の看板がないので、ひとりの人として見て頂ける感じがたまりません。

今までなかった人前でお話する機会も、ちらほらありそうです。数日後にリハビリを兼ねて、少しお話してきます。また新しい役回りを打診して頂きまして、こちらもどうなるか?

4年目も、お役に立つ情報を「しれっと」お伝えできればと思っております。

老人の貧困ブーム?

最近、老人の貧困話が流行っていて、藤田孝典さんの「下流老人」はもう20万部を超えてます。先日ご紹介した、わたしの話がちょろっと載ってるサンデー毎日さんの「今なら間に合う 脱・貧困老後」もかなり売れてます。Amazonで、高齢化社会カテゴリのベストセラー1位のマークがついてます、これはすごい!

その影響か、自著のAmazonランキングが急上昇しました。「脱・貧困老後」読み終わったのですが、ド定番の結婚式のスピーチを思い出しました。

「人生には3つの坂がある、上り坂、下り坂、そしてまさか」

住宅ローンを抱えた状態で「まさか」になった実話は、なんとも言えない気持ちになりました。会社の状態、自分のポジション、給料の変動、家族や自身の健康など、変化の激しい時代ですからね・・・35年ローンの怖さを感じました。わたしは無借金ですが、逆に考えれば借金できる信用がないとも言えます。借金する予定がないので、まぁいいか。

わたしが新卒で就職した20年前に輝かしく見えた大企業は、赤字やら粉飾やらでえらいことになってます。大きく変化する時代ですよね。

4年目も引き続き、よろしくお願い致します!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • 本は、松嶋先生の患者さんご家族と知り、是非にと思っていたところ、認知症治療研究会の会場で販売されていましたのでゲットして読ませていただきました。
    大変参考になる多岐にわたる内容で予想以上でした。今後は是非とも講演活動でご活躍をと思います。どこかでお話が聴ければ幸いです。

  • 志手さま

    コメントありがとうございます!そしてあの会場での購入ですね。河野先生の推薦を頂いているので、置いて頂くことになったのですが完売してびっくりしました。

    予想以上というご感想ありがとうございます、予想を下回らなくてホッとしております。どちらかでお会いすることになりましたら、お声かけくださいませ。今後ともよろしくお願い致します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)