肺がんで余命わずかなおばさんに、たばこをお土産として持って行くときの気持ち

別居中の父の兄の奥さま(82歳)とは、父が出て行ってからもおつきあいがありました。

「歳を取って何でもかんでも覚えていることが言いわけではない、忘れることがいいときもある」

と認知症の母を見て、わたしにこう言った方です。母の妄想に、家族以外でつきあってくれた方でもあります。

明日、お父さんが帰ってくるっていうから、お寿司とったほうがいいですか?

ほとんど電話をしない母ですが、このおばさんのところには電話をして、相談をしていました。25年も別居中の父が帰ってくるはずもないのに、客間に灰皿を用意して、玄関にスリッパを並べる母。

3年くらい前の話ですが、せつないことするなぁ・・・認知症介護がまもないわたしにとって、ちょっと困った行動でした。今はこんな行動しませんし、むしろ新婚旅行に行けなかった!と怒ってます。ひとりの方がラクでいい、とも言ってます(笑)

こんな状況でしたので、おばさんの家にわたしひとりで行ってお礼を言ったり、母を連れていくことが当時は多かったです。手ぶらもまずいので、最初は東京のお菓子を持って行きました。

次に遊びに行くと、そのお菓子が残っていることがありました。それではと、コーヒー好きなおばさんのために、スタバのコーヒー豆を買っていきました。次に遊びに行くと、そのコーヒーがわたしに提供されました。

「お菓子もコーヒーもだめか~」

北海道旅行から帰ってきた人が、「北海道」と書いた置物をおみやげにしているような、場違いチョイスなのかな・・と思い、思いついたお土産が、ピースライトという「たばこ」でした。

おばさんはかなりのヘビースモーカーで、わたしが小さい頃は夫婦そろってピースという強いたばこを吸ってました。

彼女は末期の肺がんで、余命は1年といわれてました。しかし、1年どころか5年近く生きていて、余命宣告って当てにならないものなんだなぁ・・と思えるようになったのは、このおばさんのおかげです。

余命短い肺がんの人に、たばこを1カートンもおみやげに持って行くって、やっぱり非常識?

こう考えますよね・・・普通。余命をさらに縮める行為かもしれません。しかし、おばさんに持って行くと、

おばさん
ひろちゃん、ありがとうね。これは助かるわ~

お菓子でも、コーヒーでも見せないような反応をしてくれて、心から喜んでいるようでした。

くどひろ
肺がんなのに、不謹慎ですよね・・・

と言おうかとも思いましたが、結局なにも言わず「しれっと」たばこを、2年近くお土産にするようになりました。なんていうんでしょうね・・・余命のこととか、肺がんのこととか、途中からわたしも意識してませんでした。

ブログに、「しれっとしれっと」って書きますが、人生最強のしれっとはきっとこのときだったと思います。

抗がん剤や外科治療を一切せず、自分の天命を全うすると決めたおばさんでしたので、それならばいつもどおりにわたしも対応すべきであろう、そう考えた結果のたばこでした。

そのおばさんが亡くなったことを知ったのは、最近のこと。今年のお正月に知ったとき、慌てて駆け付けたものの、1年も前に亡くなってたという・・・遊びに行こうかと思ってたら、こんなお別れでした。

たばこ屋にいって、カートンで買うときの気持ちが、なぜか忘れられません。余命を縮める行為とか、不謹慎とか全くなくって、ただ喜んでくれているという気持ちだけで行動していた自分。たばこを買ったことは、今も後悔していません。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか