「わんこそば」にまつわる3つのエピソード

わんこそば

盛岡三大麺と言われている「盛岡冷麺」「わんこそば」「じゃじゃめん」。おそらく地元の方があまり食べないのが、「わんこそば」です。今まで都内の友人をのべ20組以上案内したこともあって、やたらと「わんこそば」を食べています。

過去に経験した「わんこそば」エピソードを3つほどご紹介します・・・完全GWモードです。

エピソード1

わたしが4歳のとき、神奈川からいとこが遊びにきました。わたしと1歳違いのいとこは、対抗心むき出しでわたしに挑んできました。どちらがいっぱい食べられるか、対決です。

「はい、どんどん」「はい、じゃんじゃん」

お店のお姉さんが、わたしたち子どもに気を遣いながら、お椀におそばを入れます。30杯を超えた頃でした、横のいとこがまさかの、

オロロロロロー

「わんこそば」はそばだけ食べて、おつゆは桶に捨てる(お腹いっぱいにならない)という鉄則があるのですが、あろうことか、いとこはその桶に30杯分戻してしまったのです。最近は、何杯食べたという証明書をもらえるのですが、こういう場合は0杯ですよね?

エピソード2

今まで来た友人のほとんどが、スキー・スノボー目的で2泊3日で遊びに来ます。何度か失敗してしまったのが、2泊3日の初日のお昼に「わんこそば」をやってしまったことです。

午後一で盛岡に到着直後、「わんこそば」をします。するとその夜、お腹いっぱいで食欲がなくなってしまうのです。「じゃじゃめん、食べられなかった~」みたいなことが、何度かありまして・・・学習してからは、最終日のお昼に「わんこそば」をやって、そのまま新幹線に乗せるというパターンに変えました。

もひとつ、初日のお昼に「わんこそば」と予告すると、新幹線で飲み食いしない人が結構いまして、せっかくの旅行を台無しにしてしまうのです・・・

エピソード3

最高記録は、120杯(男性)。女性で110杯という記録もありました。付き添いのわたしは、100杯を目標にしています。100杯をサッサと食べ、ふたを閉めて自ら終了します。(ルール:ふたをすると、わんこ終了です)なぜ早々に終わらせるかというと、残った人ほどふたが閉めづらいからです。

そばが進まない・・・見上げると、そばを給仕するお姉さんが待ち構えている・・・隙あらば、椀にそばを入れようとしている・・・つらい・・・泣きたい・・・という体験して欲しいからです(笑)食べる人数が多いと隙ができるので、ふたを簡単に閉められます。しかし、最後まで残ると、ふたが閉められず終わりません、これが面白いのです。

最近は、もっと大人の対応をするようになりまして、

「もりそば大盛をゆっくり食べながら、みんなが苦しむ姿を楽しむ」

という、意地悪な参戦を繰り返しています。ドSっぷりを、発揮しております。ふつうにもりそば食べると、うまいんですよ。わんこそばも1杯目食べると、ほとんどの友人が

「うまい」

と言います。しかし、食べ終わったあとは、

「そばは、しばらくいい」

とだいたい言います。最高で4年連続で遊びに来た友人がいますが、「もう1回、わんこそばやりたい」とは言いません。だいたい、1回でいいようです。

昔はこのわんこそばの翌日に、母親の手料理フルコースもあったんですけど・・・とことん食べさせて都内に返すということをやってましたが・・・今はワケあって、やってません。

来週から、通常モードのブログに戻ります。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)