街によくある怪しげな「自然食品のお店」が社会貢献していると思ったワケ

自然食品 怪しい

先日、20人くらいのお年寄りの団体を見かけました。

なんだろ、みんな笑いながらこっちに向かってくる・・・・奥を見ると、なるほど!よくある怪しげな「自然食品」のお店があったのです。

無料サンプルを配ったり、自然食品を売ったり・・・スタンプカードを作って、来場回数を管理したり。スーパーの片隅で、マッサージをしながら、講師のような人がお話をしている場合もありますよね。お年寄り同士で声掛けをして、近所に口コミで広がっていくあの商法です。

亡くなった祖母が70代のころ、30万の羽毛ふとんを買わされて、母がえらく怒っていたことを思い出します。読者の皆さんも、どこか怪しげと考えている人が多いのではないでしょうか?

わたしもそう思っているのですが、ちょ、待てよ?と思ったわけです。

これって地域のコミュ二ティ?

祖母が買った、30万もする羽毛ぶとん・・・

家族から見れば、そんなものに30万も出して!って思います。今でも、なんじゃあれ?って正直思います。

しかし祖母は、そのお店に足しげく通い、ご近所の方と友達になって、講師らしき人とも距離を縮めて、30万払ってもいいっていう気持ちになったわけです。

月15万のグループホームで換算すれば、2か月分。ホームで2か月過ごしてもらいたいか、自然食品のお店に2か月通ってほしいかって考えると、自然食品・・・そう考えてしまったんです。

素晴らしい介護施設だったら前者なんですけど、これからどこかに入所してもらう状態(いいかどうかも分からない)で2択を迫られたら、自然食品を選んでしまいます。

あのカタチが正しいのかどうかは微妙だし、必要のない高額なものを買わされるのはイヤ。30万どころか、もっと払う可能性もあります。

でも、社会との接点が減って時間を持て余している方が、ひとつの役割を見つけたわけです。ひょっとしたら、認知症の予防にもなっているし、お店まで歩くことで筋力強化にもなっています。モノを買うという行為、友人に会いに行く、講師の話を聞く、どれも社会との接点を感じます。高額なものさえ買わなければ、必要コストとも考えられます。

病院に必要以上に通うお年寄りが、国の社会保障費を増大させているとよく言われますよね。それが1本1000円の健康ジュースで済むと考えれば、社会保障費も抑制されます、かなりな極論ですが。

長い間イヤなものと思ってきたから、常識の枠を外すことができないでいますが、あのお年寄りの笑顔を見た瞬間に、こんなことが頭をよぎるんですよ・・・ブログを更新し続けると、こんな頭になります(笑)

2016年でも、あの商売はあります。続いているということは、法に触れるものでもなく、うまく運営しているんでしょうね。

お年寄りの皆さんが、そりゃもう笑顔なわけです。今までは、あんな店がなぜ存在するんだろ?としか思ってなかったんですけど、社会貢献にも見えてしまいました。お店に行って、集まって、買い物して、みんなで笑って・・・・あそこに母がいたらなぁという、あの光景への憧れかもしれません。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)