介護している人が「ブログを書く」3つのメリット

ブログ介護 メリット

しばらくブログというメディアについて書いてませんでしたので、取り上げます。ブログ書くのはちょっと・・・という方も、こんなメリットがありますよ!というお話です。

書けば書くほど文章はうまくなる

介護しているご家族で、ご自身の介護体験や経験を発信したいと思っている方は相当数いらっしゃると思っています。

自費出版や商業出版を目指すよりも、まずはブログです。書き続けていると、文章が驚くほど上達します。わたし自身も未だ発展途上ですが、それでも5年前の自分の文章を見ると、恥ずかしくて火を噴くほどです。

文章がうまくなるメリットがよく分からないかもしれませんが、メール、フェイスブック、ツイッターどれも文章で成り立っています。何気ない日常においても、文章のうまさ、コトバのチョイスで、思わぬいい結果が得られることがあります。

ブログは書いた記事すべてが財産になる

フェイスブック、ツイッターと圧倒的に違うのは、「ブログはすべての記事が財産になる」ということです。googleやYahooにキーワードを入力して検索することが多いと思うのですが、検索結果に表示されるのは圧倒的にブログです。

書いたものがYahooやgoogleにたまっていく・・・これをストック型といいます。フェイスブックやツイッターはたまらずその場限りなものが多いので、フロー型といいます。

わたしのブログも、3年前に書いた記事を見つけていらっしゃる方はたくさんいます。フェイスブックやツイッターもやっていますが、3年前のフェイスブック、つぶやきでくる方はゼロです。

せっかく文字にするなら、それらすべてを財産化したい・・・その方法がブログなのです。

反応が無くても大丈夫という勇気が備わる

記事を書いていると、フェイスブックのいいね!が欲しかったり、ツイッターのいいね!やリツイートが欲しくなります。読者や友人の反応を気にしながら書くことがあると思いますが、ブログはしばらくの間相手にされません。平均すると、半年から1年くらいは、無反応の中ひたすら書き続けることになります。

多くの人はこの「無反応期間」に耐えられず、ブログを継続しなくなります。その期間を超えたとき、面白いことが待っているのに、そこまでガマンできないのです。

無反応でも、何も言われなくても、しれっと続ける・・・これ認知症介護にもすごくいいのです。ありがとうと言って欲しかったり、どこか「介護してあげる感」をアピールしたくなる人もいると思います。ブログで無反応期間を味わえるようになると、感謝して欲しい!という承認欲求が消えていきます。

ブログって、本当に不思議ですよ。メディアから連絡が来るきっかけもブログだし、こうやって2冊も本が出すことができたり・・・全く予想していませんでしたが、ひたすら書き続けて発信していたら、世界が変わっていった・・・そんな感じです。

発信する、一歩踏み出すと、予想外の結果になることがある・・・そのツールのひとつが、ブログです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)