ブログ書籍化決定!出版が決まるまでの手順と方法とは?

出版決定

「出版って、どうやって決まるの?」

ブログ読者の皆さま、特にわたしと同じブロガーはそう考えるかもしれません。正直、電子書籍が2015年頭に完成したとき、「紙の出版も、ダメ元でチャレンジ!」 という気持ちはありました。

出版社への持ち込みは採用確率が低いということは、事前に調べていました。特定のルート(コネ)や出版エージェント(代理人)が効果的という事をネットで調べ、コネも知人がいたのでお願いするつもりでした。

ただ、電子書籍というベースがあって、この作品は出版社にどう評価されるんだろ?と思いました。コネではなく、ガチでどう評価されるか試したかったので、あえて出版エージェントを選びました。

出版エージェントを使うと、印税の何割かを持っていかれますが、コネの数十倍の出版社へ同時にアプローチしてくれるメリットがあります。昔アイドルがデビューするとき、レコード会社がプラカードを挙げるあのイメージです。何社からオファーがあるのかも、見たかったのです。

ちなみに作家に転身!とかそんなことはなくって(なれるわけない)、メインは今後もこのブログです!本をきっかけに、ブログに来ていただける人が増えればという思いです。時系列に、この1年を振り返ります。

日付活動内容詳細
2014.08.04有名ブロガーの染谷昌利さんの個人コンサルティングを受ける運営ブログのアドバイスを受ける。
このとき、ポロっと「電子書籍」にしてみては?と言われる
2014.09.01電子書籍の執筆開始新幹線、実家、コワーキングスペースで毎日書きづづける
2015.01.01電子書籍発売開始紙でも出版できたらなぁ~と思う
2015.04.23出版エージェント
「企画のたまご屋さん」企画書提出
たまご屋さん指定の企画書はなかなかのボリューム。返事までは1~3か月かかるとのこと
2015.05.01企画のたまご屋さんより、企画採用の連絡予想外の返事の早さに驚く
2015.06.18企画のたまご屋さんより、出版社各社へ一斉オファーオファー当日に、2つの出版社から問い合わせを受ける
2015.06.262つの出版社と面談面談でそれぞれ条件提示と、これから電子書籍を読むと言われる
2015.07.13A社より連絡があり、正式にオファーを頂く初めてプロから電子書籍の評価を受ける
2015.07.15廣済堂出版より1次会議通過の連絡がくる面談の手応えがなかったので、通過に驚く
2015.07.28廣済堂出版より、正式オファーを頂く廣済堂出版に決定。新書での発売が決まる。
2015.08.06出版作業スタートたくさんのメールのやりとりが始まる
2015.08.20染谷昌利さんのコンサルを再び受ける出版したときに著者は何をすべきかのコンサルティング。目から鱗なことだらけ。
2015.10.28発売決定!

ハードカバーか新書か?

ありがたいことに、2社からオファーを頂きました。A社はハードカバーで値段も高め(1400円くらい)、B社は新書サイズで安い(864円)。出版するっていうとハードカバーをイメージされると思うんですが、わたしは新書がいいと思ってました。

ハードカバーは表紙をかっこよくできますし、重厚感があります。次はハードカバーでやりたいと思ってますが、多くの人に届くかどうかだけを考えてました。新書は安くて、すぐ読めて多くの人が手にしやすいんです。

プロから見たわたしの文章の評価

今までプロに、自分の文章を見てもらったことがありませんでした。今回2社の評価を受けたわけですが、同じことを言われました。それは「読みやすさ」

実は発売日が1か月早まったのですが、理由は思った以上に読みやすかったということでした。いやぁ・・飛び跳ねましたよ、母の横で(笑)ただ、面白い!とは言われないんですよね、やはりまだまだです。

編集をするたびに、文章ってこうも変わるんだ!という瞬間をたくさん体験させてもらって、すごく成長できたなって思います。これは今後のブログにも生かされるはずです。

染谷昌利さんの個人コンサルティング

超有名ブロガーの染谷昌利さんに、個人コンサルを受けたことがすべての始まりです。わたしと同じくブログで生活し、家族を養ってらっしゃいます。そして会社も設立されました。ブロガーの皆さんは必読の本 「ブログ飯」の著者です

1年前、このブログも含めいくつかのブログに伸びがなく、相談しました。そのコンサル中、「電子書籍」 という言葉に、わたしのスイッチが入って今日に至ります。ホント、ひとことで紙の出版にまでつながったのです。

ひとりでも多くの人が、自分の介護体験を発信する世の中へ

多くの介護者が、ブログや書籍、イベントで話すなどなんでもいいので、ひとりで抱えずに情報発信して欲しいなって思います。わたしなんて医者でもない、介護職でもない、単なる一介護家族です。なのに出版してしまうんですから、誰でも可能です。

これから認知症介護で悩む人は急増するので、「誤解ない」発信をしていくことで、これから介護が始まる人にも何かいい影響を与えられればなって思います。それはわたしだけでなく、みなさんが可能なことです。

実は現在、2作目に取りかかっているのですが、1作目の販促をしているので(これは著者の仕事)、筆が進んでおりません・・・なんとか2016年には。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか