「認知症介護を後悔しないための54の心得」の担当編集者に聞いてみた!本の「読みどころ」と制作秘話

いよいよ本日より、新著 「医者には書けない!認知症介護を後悔しないための54の心得」 が書店に並びます。首都圏大型書店からなので、地域によっては明日以降という書店さんもあります。

今日は、一緒にこの本の制作にあたってくださった、廣済堂出版編集部の江波戸裕子(えばとゆうこ)さんに来て頂きました!

先に江波戸さんをご紹介しておきますと、現在、6刷の 「歯は磨かないでください」、シリーズ10万部を突破した 「それでも薬剤師は薬を飲まない」 など数々のヒット を生んだ方です。その方に編集してもらったんですよ、ニヤリ( ̄▽ ̄)

―― くどひろ:江波戸さん、お疲れさまでした!まず、廣済堂出版さんの健康人新書シリーズについて、簡単に解説して頂けますか?

江波戸裕子さん(以下、敬称略江波戸):廣済堂出版の健康をテーマにした新書シリーズです。新書サイズだから手に取りやすく、読みやすいのが特徴。ベーシックな健康情報というよりは、新しい健康情報や著者さんの主張が掲載されています。

―― くどひろ:なるほど、このシリーズの第43弾にわたしの作品が加わったわけですね。3か月近く、この作品に真剣に向き合ってくださって、本当に感謝しております!1字1句、あんなに細かく読んだことなかったです。新幹線、お風呂、母の横、いろんなところで原稿チェックしてました。数ある企画の中から、なぜこの企画を選ぼうと思ったのですか?

江波戸:こちらこそありがとうございました!企画を選んだ理由は、もともと、健康人新書シリーズの『医者は認知症を「治せる」』(著・河野和彦)が売れていて、しかもこの本の治療メソッドを、くどひろさんが実践してくださっていたから、というのがありますね。

―― くどひろ:確かに本の最初は、コウノメソッド実践記みたいなところあります。銀座のオフィスで初めてお会いした時、あまりにあっさり面談が終わったのでこりゃだめだと思いました。今回の新著にも登場しているあのカメラで、実家の母の様子をスマホでお見せしたのがよかったんでしょうか(笑)

江波戸:どうでしょう(笑)。企画書の第一印象で決めるので、面談時間はあまり関係ないのです。企画書をぱっと見るだけで、内容がハッキリとわかりましたし、面白く感じました。

―― くどひろ:そうだったんですね。健康人新書シリーズは和田秀樹先生、河野和彦先生など著名な先生方が多いですよね。わたしのような単なる介護家族の企画を採用するって、すごく勇気がいることだと思うんですが?

江波戸:むしろ、いわゆる「先生」でない方の企画も出したいと思っていました。読者さんは、いつもと違うことを求められますので。また、編集者も、常に新しい著者さんを探しているのです。

―― くどひろ:江波戸さんが担当された健康人新書シリーズの中で、今イチオシの本は何ですか?

江波戸:すべてイチオシです(笑)。といいながら、今年度いちばん売れているのは、『歯は磨かないでください』ですね。売れている背景には、歯医者さんに対する世の中の不信感があるみたいです。

―― くどひろ:この本、確かに書店でよく見かけますよ。今回初めてプロの方に編集して頂いて、驚くほど読みやすく構成も納得いくものに仕上がりました。編集で特に注意した点はどこですか?

江波戸:元の原稿がよかったので、そのテイストを崩さないことと、編集しすぎないこと。それでいて、とにかく読みやすくすることです。前向きな感じを出したかったので、本の帯に、くどひろさんのいつものセリフの「しれっと」を掲載させていただきました。

―― くどひろ:本の挿絵ができて来たとき、わたしが女性になっていたのが面白かったです。やっぱり介護は女性というイメージを持っている証拠なんですかね?

江波戸:イラストレーターさんへの私の伝え方が悪かったと思いますが(笑)、女性というイメージがあるんでしょうね。しかし、これからは男性の介護の方も増えていくと思います。

―― くどひろ:編集者から見た、この本の 「読みどころ」 は何だと思いますか?

江波戸:お医者さんではなく、介護者さん目線なところはもちろん、前向きなところです。くどひろさんの優しさがあふれています。また、男性が介護したり、あっさり介護離職したときの考え方など、これからの新しいコンセプトが示されているところです。

―― くどひろ:著者とやりとりしてみて、何か特徴ありましたか?この人、暇そうだなとか?

江波戸:いえいえ(笑)。お返事がマメな著者さんは、けっこう多いんですよ。返信が早いと助かりますね。くどひろさんは、以前、出版関係のお仕事もされていたそうで、やりとりがスムーズでありがたかったです。いつも、ご意見を出してくれた上に、「ご判断は江波戸さんにお任せします」とおっしゃってくれるので、編集に集中できました。

―― くどひろ:厳密にいうと、出版ではなく手帳の校正してただけなんですけどね(笑)本も扱ってたので、少し知ってるくらいです。最後に本の購入を検討されている方へ、一言お願いします!

江波戸:親御さんや他の家族に対して、「ひょっとして認知症?」と思った方や、すでに介護をされている方、ご家族が介護をされている方は、必読です!

―― くどひろ:ありがとうございました!会社員としていろんな仕事を経験してきましたが、人生でこの体験が一番面白かったです!やっぱり自分で書いた作品はかわいいです、ナデナデ。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)