出版を通じて起きてしまったわたしの中のパラダイムシフト

昨年10月末に本を出版して、5か月ほど経過しました。

電子書籍を作ったときは、文章、表紙デザイン、校正、販促プロモーションすべてひとりでした。商業出版は出版社、出版エージェント、書店の皆さまなど、多くの人と関わってお仕事しました。

一番大きかったのは、多くの人に手にとって読んでもらったことです。お医者様を始めとする医療関係者の方や、介護職の方からもメッセージを頂き、いろんな層の方に読んで頂いたことを実感しました。

そういった外部環境の変化とは別に、わたし自身が大きく変わる「パラダイムシフト」がこの歳で起きました。モノの見方や認識の仕方が変わったという意味です。

今までなんとなく見ていたモノが、作り手の立場で見るようになってしまったのです。例えば、

一発屋芸人や一発屋の歌手
→ ”あの人は今” 的な扱いを受けるけど、そもそも一発当てただけでもすごい!

駅前で歌うストリートミュージシャン
→ ひょっとしたら戦略ないのかもしれないけど、一歩踏み出して行動してるだけですごい!

出川哲朗
→ いつまでも一線級でテレビに出続けるなんて、すごい!

あるイベントで客が3人しかいないのに、しれっと発表している人
→ 人数とか関係なく、きっちりパフォーマンスしてるなんてすげーな!

前なら素通りしてるし、別に気にも留めなかったことが今はこんな感じです。

勝手に向こう側に立って、物ごとを考えるようになってしまっています。見るもの見るものが「すげー」、アホみたいですけどこんなテンションです。作り手の苦労を、勝手に感じています。

初めて電車に乗った3歳のとき、ずっと立膝ついて窓の外を見ていたそうです。あれから40年、今まさにこの状態。何が違うかって、鼻垂らしてるかどうかだけ。興味レベルは3歳のときと、そう変わりません。

20代だったらもっと面白いのにと思う事もあるのですが、たぶん60歳になったときに「40代ならもっとできたのに」とか言いそうなので、やれることはドンドンやろうと思ってます、てかやってます。

2016年に入って、ホントいろんな方にお会いしました。興味深いお話をたくさん聞いて、認知症や介護について深く深く勉強しました。

出版してブログのアクセス数が急増したか・・・いや、そうでもないです。Facebookページいいね!してくださった人が増えたか・・・いや、急増はしてません。ただ、じわじわ増えている感じが、とてもいいです。

好きなコトバは何ですか?と言われたら、「諸行無常(常に変化していて、永久不変なものなどない)」というのですが、それを楽しめればなと思っています。

母親はできれば、この状態をあと5年くらいキープして欲しいのですが、こちらこそ諸行無常だと思うので、うまく波に乗れるようになりたいと思っています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:認知症専門医・名古屋フォレストクリニック河野和彦先生推薦

2 件のコメント

  • 経験を通して視点が変わり、人生観が変わる。
    人との出会いが広がり、人生観が深まる。
    人間力が増しているクドヒロさんは素晴らしい!
    益々のご活躍を期待しております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)