「今なら間に合う 脱・貧困老後(毎日新聞出版)」にくどひろ掲載されました!

今なら間に合う脱・貧困老後

昨年11月、サンデー毎日さんの取材を受けました。その内容がパワーアップして新書化され、本日発売となりました。雑誌に載ったときに書きました、若干おふざけの入った記事がこちらです。

昨日発売の「サンデー毎日」の吊り広告で安倍総理にケンカ売ったあげく、ラオウになった話

2015.12.02

わたしの話は、ほぼ巻末の4ページちょっとです。サンデー毎日に掲載された記事のフルバージョンです。年初に、原稿チェックをしました。サンデー毎日さんのサイトにそれらしき新書があったので、確認してみたら今日発売でしたので、慌てて記事書きました。

2作目発売?とか、あおってしまいすみません・・・

サンデー毎日さんの人気シリーズ「貧困老後」。取材依頼を頂いたとき、テーマと合致しないと思ったんですよね。しかしお話を伺ってみると、イメージとは全く違っていて、明るく取り扱って頂きました。

わたしが掲載されているページの冒頭

男性介護者といえば虐待や暴力といった”事件”に焦点があたりがちだが、近年は介護を排除せず”共存”しようという生き方を見いだしする、新しいライフスタイルの”けん引者”たちが出てきている。そうした人たちの事例をここでは紹介したい。

この原稿をもらったとき、なんてステキな文章なんだろうって思いました。自分では絶対に書けません、けん引者だなんて。あと「介護を排除せず共存」っていうコトバも、気に入ってます。

前回の記事と重なりますが、介護と言えどいろんな働き方があることは広く知って頂きたいと思ってます。介護離職して、貧困を極めて、自殺や心中っていうニュース、おなかいっぱいじゃありませんか?現実としてあることは分かりますが、そっちばかりフォーカスしなくても・・・

だから、わたしと初めて会う人は、眉間にしわを寄せて「大変ですね~」っていうんですよね。たぶん介護離職して、かなり貧乏になって、生活も苦しいだろうに・・・と同情してくれているんじゃないかと、勝手に予想してます。

安達祐実のあの名ゼリフは、こういう時に使うんじゃないかと。

「同情するなら、金をくれ」

もし本当に金くれと言ったら、「分かりました、少しばかりですが」とか言われそうで怖い(笑)決してリッチではないですけど、なんとか東京の家賃払いながら、笑って生活しております。

★★

いろんな記者の方とお会いしましたが、この本の著者・藤後野里子さんは最も印象に残っている方。あまり読まないタイプの本ですが、現実としっかり向き合うべく今から読みます。

お時間ありましたら、書店で手にとってご覧になってみてくださいね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)