Amazonは本日7/6より発売「認知症介護で倒れないための55の心得」と近況報告

Amazonでご予約頂いた方、お待たせ致しました!すでに書店さまでは発売しておりますが、Amazonも本日、7/6より発売となりました。

一晩で一気に読んだという方、バイブルにするという方、これから読むけど中身が濃そうという、面白いご意見も頂きました。ページをパラッとめくって、そこから読むという方もいました。今回はコラムがない分、濃く見えるのかもしれませんが、読みやすいという声もあります。直接お声を頂くので、このようにご報告ができます。

新刊の中に出てくる「ある方」に、初めてお会いしました。本を購入した人にしか分からない「特別記事」を、いずれブログに書こうと思いますが、とてもとても大きな勇気を頂きました。母が通うデイサービスにも、本に載ってるあの「教室」にも、献本して参りました。

まだ3日間しか、書店さんを回っていませんが、店頭がどんな感じになっているかを写真でご紹介します。(FacebookやTwitterユーザーの皆さまは、すでにご覧になっているものです)許可を頂いた書店さまの写真を、今後もこの記事に追加していきます。

こういった写真をご報告できるのも、今だけです。毎日200種類以上の新刊が発売され、著名な作家さんの話題作は次々とリリースされます。2か月もすると徐々に、平積み(表紙がしっかり見えていて、積んである)→棚差し(棚に1冊、縦に差されている状態で背表紙しか見えない)と後ろへ後ろへ移動していきます。そういう世界です。

母には、未だサラリーマンということになっているので、本屋行ってくる!とは言えません。ちょっと買い物行ってくる!という割に帰ってこない、意味不明な外出を繰り返してます。帰宅すると、

あら、東京から帰って来たの?
くどひろ
朝ごはん、一緒に食べたけどね、ウハハ

これです、毎日(笑)こんなに外出するわたしが悪いのですが、今だけだから許してね。昨日なんて、母がデイに行く前に、わたしが出発するという・・・ヘルパーさんが来るので、お任せしちゃいました。

書店さんに聞くと、同時購入して頂いているとのこと。(Amazonも同様です)新作から読んでも大丈夫な内容にしたのですが、やはり前作も気にして頂いているようで、大変ありがたいです。

東京・神奈川の書店さま

蔦屋書店・港北ミナモ店(横浜市営地下鉄・センター北駅)さまの店頭写真。又吉先生のあの作品、新刊、池上先生、そしてわたし・・・

蔦屋港北ミナモ店様

旭屋書店池袋店(東武百貨店7階)さま。都内イチの在庫量とベストポジション。エスカレーターすぐの新刊コーナーと新書コーナーにあります。このウラに、本屋大賞「羊と鋼の森」の宮下奈都先生の本が並んでいて、すごかったです。

旭屋池袋店様

八重洲ブックセンター本店(東京駅)さまの7階です。他の階にもあるかもなので、後日再訪予定です。

八重洲ブックセンター本店様

明正堂書店アトレ上野店さま。平積みに変えて頂き、感謝しております!

明正堂アトレ上野店様

岩手の書店さま

さわや書店フェザン店(盛岡駅)さま。東京から、フェザン店さんを目指してくる書店の方、著者は多数です。今回も日本一の在庫量、販売数です。下の写真は入口付近ですが、同じような山がレジ前にも!累計販売数は、わたしのではないですよ。

20160703_135855

東山道都南店さま。圧巻の16面展開です。

東山道都南店様

伊吉書院盛岡サンサ店さま。わたしが持っていたものをフル活用して頂き、美しい別テーブル展開です。前作のとき、A4の本の説明書を書店さまに配ったのですが、それも使って頂いてます!

伊吉書院盛岡サンサ店様

東山道イオン盛岡南店さま。レジ前の一等地で、テーブル展開でございます。写真では後ろのほうに見えますが、すごいです。

東山道イオン盛岡南店様

岩手はクマが多く出没します・・・さわや書店本店さま。

さわや本店様

ジュンク堂盛岡店さま。前作のPOP、本の説明書を掲示してくださっています。

ジュンク堂盛岡

圧巻の東山堂肴町本店さん。店内の告知が日本一、一等地で展開して頂いています。

東山道本店様4 東山道本店様3

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • 早速購入しました。くどひろ先生のサイン会でもやってほしいですね。

  • 伊藤さま

    購入して頂いて、ありがとうございます!

    落ち着いたらまた、若者ひろばに参加したいと思っています。リアルでお会いした皆さまで、希望される方にはサインしております。思いがけないタイミングでサインをお願いされることがあるので、くどひろハンコは常に持参しております。いつでもお声かけください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)