遠距離介護とはじめての認知症

母(69歳)の認知症についての話です。

認知症がいつから始まった?と聞かれると、とても難しいです。たぶん1年半ぐらい前かな、そんな感じです。わたしが実家に帰省するのは、だいたい年2回というのが今まで。認知症の人と過ごした方ならわかるかと思いますが、短時間では判断できないんですよね。最低1日単位で話してみると、あきらかにおかしい事が分かってきます。

■最初は妹からの連絡で
最初は母と同じ県に住む妹から、『なんかお母さん、最近変だよ?』 と。東京で働く私も、最初はとくに取り合う事もなくスルーしてました。何回かそういうメールをもらうようになって、最初は実家に帰る回数を年2回から4回に増やしてました。それでも短時間しかいないので、あまりおかしい感じもしませんでした。

でも気にはなっていたので、このリンク集でもご紹介した 認知症110番 へまずは相談しました。たまたまネットで見つけたのですが、今思えばこの出会いが大正解!その後病院や県の認知症センター、公共機関などに聞いてみるのですが、正直いうとわたしが求めている回答ではなく・・・。こちらの認知症110番はとても頼りになり、未だに困ったら電話するようにしています。

認知症110番のサイト ↓
[browser-shot width=”300″ url=”http://www.mainichi.co.jp/ninchishou/”]

回数を増やして、滞在時間を増やしてみると、やはりおかしい事に気づきます。最初の頃は、やはりリピートですね。同じ質問を何回も、しかも短時間の間にしてきます。祖母もちなみに認知症なのですが、こちらは進行している認知症です。ここまで来るとあきらめがつくのですが、母の場合は認知症の初期なので、とても難しいところでした。

■一番最初に学んだ認知症で大切な事は
『認知症患者は記憶(特に直近の)は残ってないけど、感情だけは残る』 
『家族が怒ったりすることで、さらに認知症は悪化する』

ということです。母に同じ事を何回も何回も言われると、ついですが 『それもう10回目なんだけど、分かってる!』 って強い口調で言いたくなります。本を読んだり、この認知症110番で初期の段階で家族としての対応方法を勉強していたので、毎回初めて聞いたような対応をする ように早い段階からできました。

妹も叔母も、やはり最初は怒ってました。『それさっきも質問したでしょ!』 『もう分かったから、同じこと何回言うの!』 という感じです。ただ家族としての対応の仕方について、上記を伝えてから穏やかに対応してくれています。

遠距離だとどうしても分かりづらいのですが、こればっかりは ”数日間一緒に生活してみる” 必要があるとわたしは思います。身近な人ほど、認知症の症状は強く出る といいます。身近な人=家族ですから、実家が遠い人も認知症かな?って思ったら、数日間一緒に生活してみてください。お医者さんでも判断できないことは多いです、ここだけは避けて通れない部分です。

このブログの目標がひとりでがんばらない! 人に頼る! なので、少しずつ自分以外の人を使った介護についてお話します。でも、最初は自分で認知症の判断をしてください、しつこいですけどお医者さんも見抜けませんよ。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)