治さなくてよい認知症という本にある「キットウッドの公式」ってなに?

現在読んでいる、上田諭さんの書いた 「治さなくてよい認知症」 という本。他の認知症の本とは一味違う内容で、面白い本に出会ったな!そんな感想です。その本の中にある 「キットウッドの公式」 が興味深かったので、ご紹介します!

「キットウッドの公式」とは?

イギリスの臨床心理士であるトム・キットウッドさんが、1996年に考案した基本的な認知症ケアの指針です。著者の上田さん曰く、世界的には常識的で重要な指針と評価されているのに、日本ではほとんど浸透していないとのこと。

認知症の症状は、表の5つの要因の重なりで生じるそうで、D=P+B+H+NI+SP で表させると。

頭文字単語意味
DDementia認知症症状
PPersonality性格
BBiography生活史
HPhysical Health身体の状態
NINeurological
Impairment
神経学的障害
SPSocial
Psyhology
対人心理要因

ちょっと専門的すぎますよね? ここからは素人コトバに置き換えます。

認知症のBPSD(周辺症状)は、不機嫌、イライラ、抑うつ、暴言、妄想、暴力、徘徊などがあります。これらは認知症のせいだ!脳機能に障害があるからだ!と考える人が多いのですが、それは間違いだと言うのです。

最も大切なのは 「人との関係性の悪化」 にあるとのこと。間違いを指摘したり、お荷物扱いしたり、本人の尊厳を損なったり、苦痛を伴う不快な気持ちを生み出したりすることが、BPSD(周辺症状)の原因になるのだと。

表でいうと、SP(対人関係)が最も重要なのに忘れられていて、NI(病気のこと)が原因だ!徘徊の原因はこれだ!という事が非常に多いということです。上の2つ(PとB)は周辺症状の種類の多さに関係して、下3つは症状の深さに関係するそうです。

うちの母を表に当てはめてみます。母は穏やかな性格(P)なので、暴言や暴力はありませんが、妄想は物取られ妄想や被害妄想が多いです。1人暮らし(B:生活史)ということも、妄想の原因と考えています。身体的(H)には問題ないし、脳の状態(NI)も悪くないので、周辺症状が悪化するのは 「対人関係(SP)」 のみということになります。

症状を悪化させる対応例(悪性の対人心理という)を、キットウッド氏はいくつか挙げています。

だます、できることをさせない、子ども扱いする、おびやかす、レッテルを貼る、汚名を着せる、急がせる、本人の思いや希望を認めない、仲間外れにする、物扱いする、無視する、無理強いをする、放っておく、非難する、中断する、からかう、軽蔑する

これらすべてやってない!という認知症介護者は神ですよね?どれかひとつは絶対にやっているはずです。現在流行りのユマニチュードも、本人の尊厳を尊重することを重要視しています。本には次のように書いています。

「BPSDが多くて困ると言う施設、病院はまず自分たちの行動、環境を振り返った方が良い」

これ、ハッとさせられますよね。上田さんは在宅介護においても、同じことと本で言ってます。認知症という病気が原因ではなく、介護している側が周辺症状を悪化させている事は多いんだよ!ということですね。

こうやって毎回勉強して、本のように対応する努力はするんですが、100点の対応はできないですよね・・・わたしはあきらめて80点くらいを目指してます、でないと自分がやられちゃいますんで~他にも面白い事が書いてあるので、またご紹介しますね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)