【認知症の理解力】祖母、娘の顔を忘れる

このブログ初登場、自己紹介のページでレアキャラと紹介した叔母の話です。

叔母は首都圏に住んでまして、ほとんど連絡していなかったのですが、祖母(叔母にとっては母親)の子宮頸がんの事はさすがに連絡しないと!という事で、7年ぶりに連絡しました。叔母への連絡は、久々にもかかわらずトピック満載で、

  • 祖母は子宮頸がんの末期で、余命も最も短くて半年と言われた
  • 祖母は認知症が進んでいる
  • 母(叔母にとっては姉)も、実は認知症になった

いきなりこの3点セットで、さぞかしびっくりしただろうと思います。叔母は旦那さんが24時間介護をしないといけない状況なので、こんな事になっても遠距離だし、母にも姉にも会えないかも・・・ というのが、最初の反応でした。

さすがに親子だし、こんな状況だから何とかして会えば?と最初は思ったのですが、24時間監視していなきゃいけないという旦那さんも大変だし、自分も両親と奥さんのどっちをとる?っていったら、最終的には奥さん優先するので、それも分かるし・・・

翌日になって、『やっぱり何とかして祖母にあう!』 という連絡が入り、そりゃ当然だということで、実家まで深夜バスで来ました。60代半ばの叔母にとっては、相当大変な旅だったと思います。

一応、叔母には前もってこういう事を伝えておきました。

『祖母は認知症が進行しているから、娘といっても覚えてないかもよ。なにせ8年も会ってないんだから・・・』
『母は同じ事を何回も言うけど、決して怒らないでね。怒ることが認知症を進行させるから』

まずは母(姉)の洗礼

わたしはその日の夕方に東京から駆けつけ、叔母は早朝についたので約半日の間、姉との久々の会話をしたわけですが、わたしが夕方到着した時にはすでに怒っていて・・・前もって伝えておいた忠告もあってか、おそらくだいぶ怒りを抑えていたんでしょうけど、それでも怒ってます。

半日もいればおそらく同じネタを10回以上は聞かされます、わたしも未だに慣れずにイラっと来てしまうんですが、何の免疫もなければそりゃ怒りたくもなります。わずか半日で深夜バスとのWパンチで、すでにノックアウト状態でした。

そして次の日、祖母の病院に叔母、母とわたし、妹でお見舞いに行きました。早速、祖母を試すべく、『この人だーれだ?』 テストを叔母に向かってしたのですが、

祖母:    『この方、どちら様?』
叔母(娘): 『あなたの娘でしょ、娘。わたしよ、わたし。』
祖母:    『あぁ~そうだっけ?どちらからいらしたんですか(敬語)』
叔母(娘): 『xxxから、来たんだよ』
祖母:    『あらら、遠いところからわざわざご苦労様です~(家族とは思えない反応)』

とても切ない瞬間でした。娘の自分を母親に分かってもらえない悲しさたるや・・・ でも8年も母と会っていないというのも、原因と言えば原因。ほとんど連絡もしてないから、こうなってもしょうがないのですが、切ないって言葉が、こういう時のためにある言葉なんだ・・・そう思いました。

この展開は予想できたので、事前にわたしからの忠告という形で、予防線を張っておいたのですが、叔母は完全に予防線突破した感じでした。

叔母 『会えただけでもホントよかったよ』

何度もこの言葉を繰り返す叔母を見て、『自分にそう言い聞かせて、自分自身を納得させるしかないんだな・・・』 認知症って本当に切ない病気だな この後も切ない事はいっぱい起こるのですが、この時が最強に切なかったです。

ちなみに祖母は私のことも、あれだけ会っているのに記憶が微妙です。今日は自分が分かるかな・・・毎回ドキドキしながら、病院に行ってます。

そして今日、80歳の方と別件で認知症について話した時に、認知症に対してこういう考え方もあるんだと勉強させられました。それはきっと人生経験が長い80歳の人が言うから、深く胸に突き刺さったんだろうな~

『認知症になった方がいいという考え方もあるんだよ、この歳まで生きると、なんでもかんでも覚えている方が不幸という事もあるんだから』

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)