セカンドオピニオンを利用している人はたった2割という現実

セカンドオピニオン

厚生労働省の調査によると、セカンドオピニオンを利用したことがある人の割合は22.4%だそうです。利用した人に役立ったかどうか聞くと、86.1%の人が役立ったと答えてます。

このブログは認知症の話題に触れることが多いので、このデータも認知症?と思われるかもしれませんが、すべての病気のお話です。

なぜセカンドオピニオンを利用しないのか?

自分が患者として病院に通っている場合、担当医に気兼ねするために利用しないんだそうです。わたし自身はというと、セカンドオピニオンを利用した回数は5回です。

一度診てもらって、一定期間経って治らなければ次の病院に変えます。ちなみにセカンドオピニオンを利用する時は、最初の病院には戻らないという不退転の決意です。チキンなわたしは、やっぱり気兼ねしちゃいます。

役立ったかという質問に対しては、100%役に立った!と回答できます。一番変えて良かったのは、歯医者です。わたしは親に似て虫歯体質で、年中歯医者に通っていました。

あまりに疲れるしイヤになったので、別の歯医者に行ったら予防歯科という発想を教えられました。それからというもの、虫歯通院はなくなり、病院を変えてよかったなと本当に思いました。1週間近く40度の熱で苦しんだ時も、我慢できず病院を変えたらすぐ治りました。

認知症の医者選びの時には、セカンドどころかサードオピニオンまでいって決定しました。

カルテ開示を請求されたら、医者は開示しないとダメ!

ちなみにカルテ開示義務というのがあって、患者の4割はこの事実を知らないそうです。実際開示を求めた人はわずか6%。わたしも知りませんでした。最初のものわすれ外来の先生のカルテ、実は見たいんです。なぜかというと、先生が変なところでカルテを書く人だったからです。

先生:「ふむふむ、東京から8時間近くかけて深夜バスで来たのね」

先生:「カキカキ」

わたし:「母が1分おきに、同じことばかり言うんですよね。認知症ではないかと」

先生:「・・・・」

わたし:「(心の中で)いやいや!カルテに書くのはむしろこっちでしょ!」

意味不明なところでペンを走らせる先生だったのと、「本人連れてこなきゃ意味ないでしょ」 と怒られたこともあってセカンドオピニオンを利用したんですが、先生との相性ってめちゃめちゃありますよね?

認知症でコウノメソッドを学んでからというもの、勉強癖がついてしまったわたしです。先生の一挙手一投足がすべて気になるようになりました。

どこでカルテを書き、どこで反応し、どういったアドバイスをもらえるか・・・認知症介護するまでは、医者のこんなところ気にもしてなかったな、得られるものってどこにでもあるんですね。

認知症においては、セカンドオピニオンは積極的に利用すべきです。比較すると本当に分かります、医者の違いが。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)