末期がんの家族への「余命告知」のはなし

遠距離介護をしているとはいえ、祖母(89歳)の入院や家族説明という大事な時には、仕事どころではありません。かなり重要な会議を休むことを会社、同僚に伝え、深夜バスで実家へ向かいました。深夜バスの移動って、思っている以上に疲れるんですよね・・・これはまたの機会に書くとして

妹から前もって、病状については聞いていたのですが、実際その紙を読むと、かなりショッキングな内容でした。

・子宮頸がんも初期のものではなく、進行したもので根治は困難と考えます
・手術中、突然の大量出血により、亡くなることもあります。その際は心臓マッサージは行いません
・本人にとって苦痛にならないような対応にします
・入院が長引くことで、足腰が弱り、今できていることもできなくなる可能性があります

口頭では余命で3年から4年と聞いていて、89年生きてきたから、まだ末期ガンでも結構生きられる!って思ったんですが、89歳という高齢で手術をするというのは、これだけのリスクが伴うんだと、改めて気づかされました。

ここまでは1人目の先生の話で、わたしが東京からかけつけるということで、また別の先生が現れ、わたし、妹、医師、看護師長、看護師の5名で家族説明が行われました。そこで子宮のレントゲンを見せられたのですが、子宮の大部分をがんが覆い尽くしています・・・・言葉がさすがに出ません。

そこで先生が放った言葉が、まるでドラマの1シーンのようでした。

『おばあさんの余命は、半年~1年と考えます。ステージⅢaという末期がんの可能性が90%以上で、病理検査結果で確定します』

えっ、3年~4年の余命と聞いていたのに、この先生はまたとんでもなく短い時間を・・・ 今が11月だからゴールデンウィークまでしか生きられないってこと?告知体験がない自分は、なんとも言えない気持ちと、これってどこかで見たことある・・・ドラマだ!と訳わからない事を考えました。

『がんの治療は放射線、抗がん剤、外科手術が3大療法なのですが、89歳という高齢を考えると体力的に放射線しか治療できません。

確かになぁ・・抗がん剤は体力消耗するという話を聞くし、結局は治る見込みはなく、いかにこの末期の子宮頸がんと上手につきあって長生きするか しか選択肢はないんだなと。そして祖母は認知症。ほとんど悩むことなく、本人には告知しない方向で行く事に決めました。

”がんで死ぬというのは、実はすばらしいこと なぜかというと、人生の終わりまでの期間がある程度分かるから、それまでにやり残した事など準備ができるから という話” をどこかで聞いたことがあります。それを思い出しながら、その日の深夜バスに揺られ東京へ戻ったのでした・・・早朝に着いて、そのまま満員電車に揺られ、職場へ向かいました。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)