【子宮頸がん】緩和ケア病棟と麻薬(モルヒネ)の衝撃

私の祖母(89歳)は子宮頸がんで入院、高齢のため抗がん剤も外科手術もできない祖母は、放射線治療のみ実施しました。急性期病院を退院し、療養型病院へ転院したあとのはなしです。

すごくきれいな療養型病院

最初にこの療養型病院を、急性期病院から紹介された時の基準は、”緩和ケア” が病棟にあるかどうかです。祖母の子宮頸がんはステージⅢaで、もしがんが進行した場合は、生かす治療というよりかは緩和ケアといって、がんの痛みを和らげることを主体にしていたためです。

転院が決まった時、わたしはてっきりこの緩和ケア病棟に入院するものとばかり思っていました。でも、祖母は特に痛みを感じておらず、いわゆる一般病棟に入院することになるのでした。病院はとてもきれいで、いいところへ転院できたな!そんな思いだけでした。

先生から説明を受ける前に看護師さんといろいろと話したのですが、明らかに急性期病院の看護師さんとは違う・・・病院はきれいだけど、この看護師さんにお願いしちゃっていいの?そんな第一印象でした。

緩和ケアの先生の話は、がん告知以来の衝撃

この緩和ケアというのは、いわゆる麻薬(医療用モルヒネ)を使って、がんの痛みを和らげるというもの。素人がいきなり” 麻薬” と聞くと、なに?って思っちゃいますよね。

麻薬を使う事の副作用として、『眠気』 『吐き気』 など、不快感を伴うものです。痛みはとってあげられるけど、延命治療というわけではないという説明、そしてこの麻薬の副作用のはなし、延命治療ではない という先生からの説明でした。

がんの告知の時も衝撃でしたが、この緩和ケアというステージに進んだら酷な日々が始まる・・・そう覚悟した瞬間であり、衝撃でした。ホスピスという言葉もでてきますし、緩和ケア・・・イマイチ違いが不明なところですが、どちらも延命治療を行わず、死に対する身体面や精神面の負担を軽減することには変わりありません。

緩和ケア普及啓発事業|緩和ケア.net緩和ケア普及啓発事業|緩和ケア.net

緩和ケアがスタートするものとばかり思ってましたが、どうやらわたしが勘違いしていたようで・・・会社には緩和ケア病棟に入院する と伝えてました。これ自体は間違えてないのですが・・・・

緩和ケア病棟がある療養病床

祖母の体調はというと、絶好調! 足腰も元気なため、認知症の祖母はとにかく病院内をウロウロします。どの病院へ行ってもそうなのですが、最終的にはナースステーションの前の部屋に移動させられ、ベットの足元にはマットが。このマットを踏むと、ナースコール的なものがなって、どこかへ行っちゃうな そんな措置がとられます。そして身体拘束の許可に署名を求められる有り様です。

こんな状況ですので、療養型病院へいる必要もないと判断され、在宅介護に切り替えるか、どこかほかの施設を医療相談室の方と決めるというステージへと進むのでした。在宅介護は実質、認知症の娘が介護できないので、他の施設を探すまでの入院ということになるのでした。

このころは遠距離介護なうえに、仕事も忙しく、正直疲れてました・・・、それで緩和ケアという精神的ショック。未だに緩和ケアにはお世話になってませんが、このステージが来たら覚悟を決めないと・・・緩和ケアという言葉が、いろんな事を教えてくれました。

このあと何ごともなく、平和に過ごしているのでした・・・・って終わりたいんですが、こちらの病院で事件が・・・このはなしを次回!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)