【握力5kg?】シャルコー・マリー・トゥース病の症状

デイサービス

71歳の母の握力は、右手11kg、左手5kg。

で?

そう思われた方が、ほとんどだと思います。わたしも訪問リハビリに来て頂いている作業療法士さんに思わず、

「これって、どうなんですか?」

と聞いたほどです。数値的には問題ないという話を受け、「作業療法士さんが普段リハビリしている患者さんの平均数値から見ても、OK」 ということなんだろうなと解釈。健康診断は受けてもらってますが、意外とこういう体力測定系は初。数値で体力を見る事の大切さに気づかされたのでした。

一方で、

「70代女性の一般的な握力って、どんなもんなんだろ?」

と思ったので、早速調べてみました。70代女性の平均握力は、23.26kg。(男性は36.56kg)平均握力って、左右2回ずつ計測したあとで、数値のいい方(利き手でしょうね)の記録を平均したものをいいます。

これに当てはめると、一般70代女性の半分以下の握力しかないということになります。これは、シャルコー・マリー・トゥース病(以降CMT病)が原因です。末梢神経が損傷し、筋肉委縮している母。

足の裏はこんな感じで土踏まずがえぐれていて、(写真)、手のひらは土手の部分の肉があまりなく盛り上がっていません。

Charcot-marie-tooth_foot
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。

日常生活でどのような事が起きているかというと、

<母の日常で不便なこと>
・ペットボトルのふたが開けられない
・スリッパが履けないので、病院ではスリッパなしで歩く
・外を歩くのが苦手(靴が苦手)なので、歩くときは誰かに必ずつかまる
・階段の最終段でよく転ぶ。転ぶ時は膝から落ちるようにゆっくりと。

<若い頃の母のCMT体験>
・体育の時間に行進すると、なぜかひとりだけ内側によれる
・マラソンが異様に遅く、ゴールに着いたら誰もいなかった
・ハイヒールが履けないので、常にぺったんこな靴だけ

高校までは実家で母と一緒に過ごしたのですが、正直あまりCMT病を感じたことがなかったんですよね。ただ年齢を重ねる毎に変化を感じるようになり、10年前に東京に来てもらった時は、東京駅の階段の昇り降りが厳しい状態でした。

母は加えて認知症です。

「こんな状態で独居させていいの?」

そう思う人もいるかもしれませんが、想像以上に自分でなんでもできます。家の中ではあえて、

「コーヒー飲みたいなぁ」

とか言います。コーヒーのふたをあける、お湯を入れる、かき混ぜる、運ぶ すべてリハビリです。自分で持ってきた方が早いことが多いのですが、ここは我慢でじっと待ちます。負荷を与えることが本人のためなので、料理も時間がかかっても待ちます。

料理の時間がかかるの分かっていて早めに準備をするんですが、我が家の夕ご飯は17時40分が基本。早すぎて、夜中お腹が空いて目が覚めるほどですが、本人の生活パターンに合わせています(笑)

一方で “全力でやった” 握力検査後に倒れ、熱が出て寝込んでしまった母。

「胸が苦しい~、肺が委縮してしまったかもしれない、何も食べられない」

前半2つは口ぐせで、あまりにアピールするので病院に連れて行ったことがありますが、結果異常なし。ただ倒れている時のこの言葉はいつも以上に響き、さすがにあせりました・・・翌日朝にやっと復活した時は握力検査のこと、忘れてて助かりました(笑)

CMT病の内臓委縮は “稀に” ある という文言をある本で読んだ事が固定妄想になり、CMT病の人は内臓が委縮するんだ!という妄想が消えません。ここが認知症のやっかいなところです・・・ピック病ならではです。

CMTで検索して来られる方もいらっしゃるので、わたしが参考にしているサイト様はこちらです↓

CMT友の会 CMT友の会

 

あしうらくんの軌跡あしうらくんの軌跡
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)