子宮頸がん(認知症)+大腿骨骨折+廃用症候群と次々余計なものがプラスされていく悩みのはなし

認知症の母(69歳)のことをブログで書く機会が多いのですが、実は遠距離介護をしていて日々悩みが深いのが祖母(89歳)です。

母が命に関わっているかと言えば、そんなことはないです。一方の祖母は子宮頸がんで余命半年と言われたくらいなので、優先すべきは祖母です。但し、今から医療的に何かできるわけではないので、QOLをいかに高めるかというのを常に考えています。

療養型病院での生活がのべ6か月

子宮頸がんだと分かったのが昨年の11月で、8か月が経過しています。がんはステージⅢaということで、わたしは最初は末期がんだと思っていたのですが、調べてみると末期というほどでもないと。でも画像に写っていたのは、膣壁の3分の1を覆い尽くす腫瘍。これでも末期じゃないんだと驚いたものです。

急性期病院で放射線治療を受けるも、外科手術をするわけでもない。体力的には抗がん剤も無理ということで、あとは運任せという状態です。さらに祖母は認知症で、レベルはやや高度。

急性期病院のように手厚い看護ならばよかったのですが、療養型病院へ転院しまもなくベットから転落、大腿骨を骨折しました。認知症ということも原因なんですが、その後急性期病院へ転院し大腿骨の外科手術を行い、再び療養型病院へ復帰。

骨折の影響からか、次第にベットにいる時間が増えていき、以前はお見舞いの時はベットで起き上がることができたのに、今では起き上がる事も厳しい状態になりました。いわゆる廃用症候群というやつです。

いろいろと言いたい事はあるけど、いま自分ができる事は何か?と考える

正直、大腿骨骨折した時は、『病院は何やってるんだ!』って思いました。でもいろいろ調べていくと、こういう事故が病院では最も多い事、療養型病院は廃止が決まっていて、手厚い看護ができる制度にはなっていないこと、もし自宅で看護していても、同じような事は起きていただろう・・・などなど考えると、これも運命なんだろうか・・・そんな風に割り切る事ができるようになりました。

仕事でもそうですが、『人を変えるのは難しい、でも自分を変えるのは簡単』 です。と考えると、自分でできる事は祖母のQOLを高める努力を、家族としてする事なんだろうなぁ~という結論に至りました。

今の療養型病院から、施設への移動は、おそらく支払いが倍くらい違います。それでも病院で誰とも話さず、ひたすら病院の天井を見上げて生活するよりも、他の人と話しながら生活したほうが、きっとがんにもいいんだろうとわたしは思っています。

祖母の成年後見人であるため、本当は月々の収支が赤字になることは避けたいし、裁判所からもそう言われています。でも、今預かっているお金は祖母のものだし、祖母のために貯金を切り崩すのは全く問題ないので、赤字でも少しだけ背伸びして施設探しをすることにしました。

ただひとつ問題が・・・・

施設探しをし始めると、必ず熱発するんですね・・・なんででしょう?あの病院に居たいのかな?って思うくらい、必ず熱がでます。環境が変わってしまって、容体が急変するんじゃないか?とか、いろいろと考えてしまいますが、さらに寝たきりが深刻になって、会話もままならないなんて事になる方が自分が後悔するんで、この道が正しいと自分に言い聞かせて進むことにします。

病院を自宅とずっと勘違いしていた祖母が、今日初めて口にした言葉が、『家に帰りたい』 でした。びっくりして言葉がでなかったのですが、認知症の母が面倒を見るのは無理なので、せめて病院より楽しいと思われるところへ・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)