コウノメソッド河野和彦先生の健康人新書「認知症治療の9割は間違い」

認知症治療の9割は間違い

廣済堂出版の健康人新書シリーズから、コウノメソッドの河野和彦先生の最新刊がこの2月に発売されました。1日でサラッと読める内容でしたので、早速の書評です。

今年はコウノメソッド2017が発表されていません

昨年の年初に発表されたコウノメソッド2016について記事にしたところ、Facebookのいいね!が三桁になりました。

認知症薬物マニュアル「コウノメソッド2016」公開、介護家族は一読必須!

2016.01.06

残念ながら今年は発表されていないのですが、この本を読むとコウノメソッドの最新の状況が把握できると思います。

本の内容とこんな人が読むといいかも

この本は「安く簡単にコウノメソッドの最新状況が学べる本」だと思います。河野先生の本は3,000円以上することもありますが、こちらは850円(税別)。ページ数も190ページですので、1日あれば読み終えることができます。

  • コウノメソッドについて知りたい方
  • 今飲んでいる認知症のお薬で、どんな副作用が起きるか知りたい方
  • 認知症のお薬の選択肢を、保険適用外に広げて考えてみたい方
  • わたしもやりましたが、家族が主体的に薬の量を減らす例を知りたい方

こういった方が読むといい本です。介護家族の場合、使ってないお薬の話を読んでもピンとこないので、そういう箇所はあります。ただ、そのお薬を使う段階になったときに、この本を読み直すと理解できると思います。上記4つ目の項目について、少し引用します。

聞くと、コウノメソッドを勉強された娘さんが「家庭天秤法」を実践され、わたしの処方を減量して、リバスタッチパッチは半分、パーキネスは朝に半錠・・・(略)

家庭天秤法は、コウノメソッド3本柱のひとつで、家族が薬の量を調整するというものです。具体的な量については医師と相談して欲しいのですが、「処方された薬を何の疑いもなくすべて飲み切る」というほとんどの人がやっていることに、一石を投じたことが重要だったとわたしは思っています。

その考えを持っていたから、母にレミニールを飲ませてひたすら観察し、結局は医師に言って止めました。認知症の人を観察もしないで、ただ薬を飲み切ることが正義!という意識がなくなったのは、わたしの認知症介護にプラスに働きました。本の中で、河野先生はこのように言ってます。

大切な人を薬害から守るためにも、ぜひ認知症と認知症治療、使われる薬の知識を深めていただきたいと思います。

やってはいけないこととして、この本を近所のもの忘れ外来に持って行って医師と話しあったら、間違いなく話は噛み合わないです。そこは全国にいるコウノメソッド実践医を訪ねてください。

このブログを読んでいる皆さまは、ものわすれ外来に行っても医師の誤診があったり、薬の処方を間違うこともあるという現実を知っているかと思います。これから認知症介護が始まる人は、まさかそんな状況になっているとは思ってもいないので、「え、そうなの?」という刺激を与えるのに、いい本かもしれません。

本を読まれた方がツイートされていました。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)