「認知症のテスト結果」 が劇的に改善していた!

つい先日、6回目のもの忘れ外来(コウノメソッド実践医)を受診した時の、長谷川式認知症スケールのテスト結果です。30点満点で、20点以下になると認知症の可能性が高いと言われています。今までの母のテスト結果です。

26点(1年前) → 21点(9か月前) → 21点(4か月前) → 28点(今回・最高点)

長谷川式認知症・MCIテスト | 認知症ねっと長谷川式認知症・MCIテスト | 認知症ねっと

今回はわたしから先生に、長谷川式認知症スケールの実施をお願いしました。「医者にもの申す感覚」って、通常の病院ではないですよね?コウノメソッド自体、医患一体という発想があり、メソッドにこんな一文があります。

「未開な分野である認知症に立ち向かうため、医師と患者家族は、同じ教材を学ぶ必要がある。
世の中でもっとも認知症を知らないのは医師である

コウノメソッド実践医はこういう姿勢を持っています。患者の家族の意見を聞いてくれますし、家族側も勉強が必要です。以前行ってた神経内科や大学病院とは、大きく姿勢が違います。話を戻しまして、テスト中は隠れて、ずっと母の回答を聞いてました。

看護師さん: 「今日は何年の何月何日ですか?」

母: 「平成22年だったかなー、1月っぽい気がする・・・、1月末ですね?」

テストの1番目は年齢の設問、この設問は2番目に出てくるんですが、いきなり日付でつまづいたので、こりゃ20点を切るなぁ・・・と思っていたところ、そこからまさかの、全問正解!かなりうれしい結果です。なぜこういうテスト結果になったか、考えられる事をまとめてみました。

なぜテスト結果が良くなったのか?

1.フェルガード(米ぬかサプリ)の効果
2.レミニール(認知症のお薬)の効果
3.ココナッツオイルとMCTオイルの効果(かなりサボった)
4.ケアプランの充実
5.いい病院を見つけ、先生や看護師さんに恵まれた
6.コウノメソッドを勉強し、実践した
7.母と一緒に過ごす時間を増やした、外食へいろいろ連れて行った
8.認知症患者への対応方法を勉強して、それを家族で実践した
9.百ます計算の実施
10.たまたまこの日は調子が良かった

まとめるとこうです。この中でも大きいのは、1と4と5、そして8が大きいかなと思います。1のフェルガードという米ぬかサプリは、賛否両論ありますが、我が家に関してはお薬のレミニールよりも、効果があるんじゃないか?と思っています。

8に関してはブログの右側で紹介している本を妹にもコピーして、そのように接するように勉強してもらいました。4は、ケアマネさん、ヘルパーさん、看護師さん みなさんいい人たちで、いいチームが組めています。それも改善につながったと分析しています。それ以外の番号も効果はゼロではなく、なんかしらプラスには働いていると思います。

以前と同じ状態をキープできていれば、OK!という、普通の病気では考えられない状態を、よしっ!としなければいけないのが、認知症の難しさです。

このテスト結果を受けて、変わったこと

テスト結果がよかったからといって、全く喜んではいません。上記10(たまたま調子がいい)の可能性はかなりありますし、実感としてテストの点数ほどの改善はないからです。テスト結果はあくまで目安であって、先生もこの結果だけでは判断しません。

テスト終了後、わたしだけ診察室に呼ばれて、先生から ”まさかの” お話がありました。

先生: 「アルツハイマー型と診断しましたが、ピック病の可能性もあります」

先生: 「テストの中の サクラ、猫、電車 のところが、いつもスラスラ答えるので不思議に思っていました」

わたし: 「ピック病ですか・・・・完全にノーマークでした、今からピックも勉強します!」

医患一体というコウノメソッドならではの、お医者さんとのやりとりです。ブログに書いているとおり、かなりいろんな本を読んでますし、お薬の勉強もしているので、素人ながらも先生と認知症の会話できるんですよね・・・しかも先生と同世代。本当に恵まれてます。

プライドの高いお医者さんは結構いるので、患者家族が何言ってる!的な人も正直います。コウノメソッド実践医はきっと、そういう人はいないと思います。

次回の受診までは、レミニール4㎎の服用を中止、フェルガード1本で様子を見ることになりました。以前レミニール8mgで興奮状態になったので、4mgを服用してた時もどうかなーと思っていました。先生からその提案があったので、従うことにしました。

ピック病の可能性もでてきたので、今後はピックネタもブログに書いていくことになりそうです。アルツハイマー型の可能性も残っているので、両方を日々勉強ですね!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)