もの忘れに関係するサプリメント4選

認知症サプリ

コウノメソッド推奨で、認知症の母も2年飲み続けている 「フェルガード」 の 「一般向け」 の発売終了が製造元(株)グロービアから発表されました。

今までフェルガードは医師の紹介で買う 「メディカルサプリ」 と ネットで購入する 「一般向け」 とに分かれていて、今後は「フェルガードは医師の紹介がないと買えないサプリメント」になってしまいました。

製造元である株式会社グロービアは、このように言ってます。

患者様に適切な医療を施すことができる医師は、患者様及びご家族と頻繁に接し情報交換しているかかりつけの先生以外にないと私どもは考えております。 その上でフェルガードRを最も有用にご利用頂く手段は、かかりつけの先生にフェルガードRの内容をきちんと理解してもらい、適切な医療の一環として組み込んで頂くことだと考えております。

さりとて現状では、残念ながらフェルガードRの内容を把握してくださっている医師も全国的に見れば非常に少ないため、フェルガードRの利用を考えてくださっている多くの方々にご迷惑をお掛けしている状況があることを大変遺憾に思っております

確かにコウノメソッドを知らない医師から見れば、フェルガードってなに?という話になりますし、勉強している家族がフェルガードの話を医師にして、「なんですか、それ?」 と言われてしまうような事も起きてます。上記はそういう事だろうと。

コウノメソッド実践医は増えてますが、必ずしも近所にいるとは限りません。コウノメソッドを知っていたとしても、認知症本人が病院に行きたがらない場合のために 「一般向け」 って大切なんですけどね。

 

 

「フェルガード」以外のもの忘れサプリメント4選

No.商品名価格(定価)
*割引制度あり
説明
1プラズマローゲン
13,370円(税込)TBS夢の扉で話題になった今最も注目されているサプリメント。

関連記事→【TBS夢の扉】「プラズマローゲン」をまとめてみた!
2椰子油のちから
3,980円(税込)コウノメソッド2015でもココナッツオイルが登場。固まってしまい扱い
が難しいが、カプセルのため摂取が簡単。

関連記事→【画像】アルツハイマー型認知症「ココナッツオイルとMCTオイルのミックス」を作ってみた!
3物忘れが気になる方の為のサプリ<月読>9,600円(税込)フェルガードに成分が最も近いサプリメント。フェルガードに含まれるフェルラ酸・ガーデンアンゼリカ両方がカバーされている一般向けサプリメントはここだけ。
4フェルラサポート12,312円(税込)フェルラ酸が入っている。

もの忘れ関連のサプリメント4つをまとめてみました。

プラズマローゲンとココナッツオイルは、TBS夢の扉、世界ふしぎ発見で取り上げられ注目されています。他2つはフェルガードの代用品として近いものになります。

お薬ですら治らない認知症の世界なので、介護しているご家族は各家庭にあう ”何か” を探す旅を続けないといけないんですよね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

認知症サプリ
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

12 件のコメント

  • グロービア社に直接TELで連絡すれば、大丈夫だと思います。
    その時に、今まで〇〇を飲んでいました。
    代わりに●〇が欲しいと言えば購入可能だと思います。
    ネット通販専用のサイトも、開設されていますので、そちらからも購入可能だと思いますよ。

    近くに専門医がいない場合は、「認知症を学ぶ会」と言うサイト内にある掲示板で相談されて見ると良いかも知れません。
    そこで、「〇〇と言うフェルガードを推奨されました。」
    と言えば、グロービア社から直接購入できますよ。

  • hokehokeさま

    コメントありがとうございます!

    そうなんですね。電話して確認取って、記事をアップデートしたいと思います!

  • 以前から母に「フェルガード飲ませようかなー どうしようかなー」と思っていたのですが、飲ませてみようかなと思います。担当医は「コウノメソッド」を知らず、「フェルガード」を「健康食品」というだけで「治るわけがない」と一笑に付したのであまり信用できません。
    なので医者を介さない一般向けがいいのですが、フェルガードは終売とのことなので月読にしようかな、と思っています。
    今フェルガードを使用してる方は終売になり、在庫がなくなった跡どうするんでしょうかね・・・?

  • syumitektさま

    いつもコメントありがとうございます!

    確認するの忘れてましたが、このコメント欄のいちばん上の方のご意見が参考になると思いますよ。
    コウノメソッドを知らないお医者さんですと、だいたいそういう反応になりますね。

    うちは1年4か月ほどフェルガードを使用しております。

  • グロービアの村瀬社長に頼まれフェルガードを開発し、製造を受託していました。今は静岡の会社で製造を移されています。補完医療製薬(株)でより進化した。『フェルラ酸&ガーデンアンゼリカ』という製品が販売されています。進化したというのはβ-アミロイド由来の認知症だけではなく、脳血管系からの成分も配合されていること。β-アミロイドに有効とされる米国特許のアミセノン(ヤマブシタケ抽出物)、α-GPCなど9つの成分が配合されています。また分包だと味が苦く飲みにくいのでハードカプセルになっています。ガーデンアンゼリカが多いとレビー小体型で陽性の方には具合が悪いことがあると河野医師の報告があるため、1カプセルに17mg、1日量3カプセルで50mgになっています。該当しない方は必要であれば1日量を増やせばよいわけです。フェルラ酸は和歌山の同じメーカー築野社。ガーデンアンゼリカは当初スペインから輸入された原料を使用していましたが、残留農薬の分析がなく、有効成分とされるクマリンが規格化されていない(日本食品分析センターでの分析では検出限界地以下)のでベルギーより乾燥根を輸入し、国内で抽出、規格化したものを使用。
    内容がよくなり価格は少し安くなっています。尚、この製品はいくつかの病院で使用、推奨販売されています。医師及び患者からはフェルガードより高い評価が得られています。
    取扱い医院は増加しています。一般消費者向けには楽天、ケンコウcom、アマゾンでも販売されています。

  • hoyjo様 情報提供ありがとうございます。 母がフェルガードを飲んでいますが脳血管も影響していると思われるのでそちらの商品も試してみたいと思います。
    確かに母はフェルガード単体だと「辛い」というし、粉はむせやすいのでカプセルはありがたいですね。 値段もフェルガードより安いですね。 あとナットウキナーゼが入っているのもいいですね。 今我が家でも納豆食べさせてますし・・・。

  • サプリのことですからここでいいんですかね? 最近、母にシチコリンサプリを飲ませています。前頭葉に聞いているようで、ぼーっとしてる(脳から指令がでてない)、感情失禁してる などに効くようです。 おかげでだいぶ楽させてもらっています。
    iherbで売っているjarrowのcdpコリン、シチコリン というサプリです。母には500mg、2つ飲ませています。一つだと効いてない?みたいです。
    ご参考までに。

  • シチコリン、確かに聞いているのですがやはりあげすぎは禁物です。その時の状態によって陽性なら減らすし、陰性がつよければ増やす というような感じですね。
    昨日は750mgあげてみたのですが(昼250、夕方500) 「座る位置が違う」という陽性がでまして、無理やり?でもないのですが母は腕を掴まれるのが嫌なようで易怒になりました。 やっぱり500が基本ですかね。
    あとヤマブシタケが認知症に効くと聞いて無料だったので(せこいw)サンプルをもらいました。
    まだいつから試すか決めていませんが聞いてくれることを願っています。
    母は前頭葉が機能して脳から指令がでると短期記憶がでることもありますので区別が難しいですけどw

  • syumitektさま

    今後試すかもしれないリストに、シチコリンも加えますね。
    ヤマブシタケですか?まだまだ知らないものが、いろいろあります。勉強になります!

  •  母は暇になると寝てしまいます。起きると意識がはっきりしているのでその時にシチコリンをゼリーに混ぜて飲ませています。カプセルや錠剤が口に残ると口から出すので。 シチコリンとフェルガード100Mがいい組み合わせのようです。フェルガードLAのほうが効果あるのですがこれだとシチコリンで応急処置?ができません。一時的によくてもあとでだいたい陽性がでます。 
    そしてだいたい3-4時間ぐらいで効果が切れるので時間をみてあげたりあげなかったりしています。
    しかしこういう薬を以前はあげなくてもよかったのに今は必須になっているのをみるとやはり進んでいるのだなと思います。

  • syumitektさま

    うちも暇になると寝てしまいます。そしていろんなものを飲ませているので、どこかで減らしてみようかな・・・と思っているのですが、必須なような気もして。プレタールは今のところ安定しております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)