「介護職は認知症の勉強が圧倒的に足りない!!」認知症治療研究会に参加して

認知症治療研究会

東京・品川で行われた第1回認知症治療研究会という医療従事者ばかりのガチな勉強会に、介護経験者枠(一般の方も参加可能)で参加してきました!

無料で入会可能なんですが、認知症治療研究会のホームページの入会申込書のページに進むとこんな表示になります。

認知症治療研究会

ん?わたしが入会した時は、こんな表示あったかな?新学会の為に働ける?? ちなみにわたしは今回何かしたわけではなく、参加費1000円を支払って、10時~16時30分までずっとお話を聞いただけです。

20150301_141851

認知症治療研究会を通して

わたしはプロではないので、医療・介護従事者の方とは見方が違います。医師以外にも特養、ケアマネ、老健の方が講演されたのですが、その方々は結局はこう言いたかったんじゃないかと。

「介護職は、もっと認知症の勉強せい!!」

コウノメソッドを実践している人はどんな立場でも、この言葉になんの違和感も持ちません。介護現場で認知症の勉強が足りない方が、講演を聞く限り想像以上に多いのかも・・・

特養の介護福祉士の方は、

「認知症を学ばない、ルーチンワークをこなすだけで精一杯」
「認知症という事は分かるが、タイプ別特徴までは知らない」

といい、ケアマネ(河野先生は達人ケアマネと言ってた)は、

「包括支援センターの認知症の知識は浅い」
「相談・紹介は行うが、その後どのような治療が進むか把握してないので、繰り返し紹介し続ける」
「介護家族の薬の知識が乏しく、ケアマネが通訳機能として介入している」

といい、老健の医師は、

「看護師・介護士などのスタッフがBPSDに対する理解・対応力に不足がみられる」

と。こういう現実を介護している家族も知らないといけないです。プレゼンした介護福祉士、ケアマネは認知症の診断ができるレベルの方でした。

「こりゃレビーだな、あの先生はなんでこの薬を処方してるんだろ?」

という具合に、医師でない介護職の方が認知症の判断ができるんです。当然医師からは煙たがれる存在で、どちらも圧力を受けた経験をお持ちですが、わたしたち家族から見ればこういう介護福祉士、ケアマネにお世話になりたいわけです。めったにお目にかかれませんが。

コウノメソッドを知らない方から見れば 「へぇ~」 って話ですが、勉強してみると家族でも認知症診断できるようになります。今回も河野医師の認知症診断Before,Afterの動画があったのですが、あれを見ると素人でも認知症のタイプ分けはできるようになります。

20150301_141902

介護している家族も実は同じことで、

「介護している家族も、もっと認知症について勉強せい!」

ということです。電子書籍にも書いたんですが、「××してくれない!わかってない!」という介護家族は多いんですけど、まずは愚痴る前に、自分が勉強せい!ってことです。(自分で勉強できる環境の方の話ですよ)

こんな人がいる施設、病院だったり、いいケアマネを選べるようになるために、わたしたちも認知症の勉強しましょう!

かなりはしょって書きましたが、研究会全体の流れはこちらのブログのほうが分かりやすいです。

 

第一回認知症治療研究会に参加しました。 - 鹿児島認知症ブログ第一回認知症治療研究会に参加しました。 – 鹿児島認知症ブログ

 

今日もしれっと、しれっと。

 

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)