「認知症が治る」新薬の完成の日まで、家族ができることとは?

認知症 新薬 根治

認知症介護者の声としてよくあるのが、「先が見えない、つらい」というものです。いつまで続くか分からないし、症状がどう変化するかもわからないので、そういう気持ちにもなります。

そんなとき、「認知症根治への希望」を、期待し過ぎない程度に情報集めします。「こんな新薬が開発中なんだ、へぇ~」と言うだけですが、何もない未来よりはよっぽどマシです。

認知症が治る新薬の進行状況

自分のブログ、Facebookやツイッターで新薬の話はあまりしてないのですが、「認知症新薬」のニュースは頻繁にアップされています。先月だけでも、これだけの認知症の新薬や研究のニュースがありました。

家族としては、「いつ頃新薬は完成して、実際に服用できるのか?」だけ知りたいのですが、そういうステップまで進んでいません。ただ、何かしら進んでいることは確かで、いずれ認知症が根治するのでは・・・と淡い期待を持っています。

C型肝炎、胃がんのような画期的な変化もある!

C型肝炎は注射薬での治療から、2014年の飲み薬の登場で、8割から9割の治癒率になりました。また、胃がん発症の99%はピロリ菌が原因で、除菌することで胃がんリスクを大幅に減らすことが分かっています。

わたしもこの事実を知ってから、ピロリ菌の検査をして大丈夫でしたし、母も先日の検査のときに受けて大丈夫でした。いつかは分かりませんが、認知症だって何かしらの治療法が確立される可能性はあります。

現実として、このような画期的な変化は起こり得るわけですし、日々進歩していることは間違いありません。

介護家族にできること

わたしは、新薬に対して、過度に期待はしていないけど、C型肝炎や胃がんのような発見があればいいなと思っています。しかし、単なる介護家族なので、何もできません。ただ、情報を集めるだけです。

情報を集めつつできることは、今の母親の状態を、明日も1か月後もキープできていれば、とりあえずそれでいいと思っています。そうやって安定した日々を過ごしていった先で、たまたま認知症新薬が開発されていたら、それはラッキーなことです。

その新薬に出会うためには、1日でも長生きしてもらうしかないかなと思ってます。生きていればこそ、新薬や新しい治療法に出会えるのです。また、接し方を工夫して、少しでも進行を食い止めておくことも可能かなと思います。

もし、薬を飲んで認知症が治ったら、どうします?

そういえばあのとき、ひどいこと言ったでしょ?

認知症って、記憶のすべてを失うわけではないと言いますよね?お薬を飲んで、眠っていた記憶が急によみがえったりして・・・でもって、介護者たちが、逆に責められるというXデーがやってくる・・・(笑)

「忘れているだろう前提」で接してきたのに、急に「分かっている前提」で会話しろと言われても、とまどうだろうな・・・なんて、夢の妄想をしながら、根治にほんの少し期待を寄せております。

生きてさえいれば、新薬に会える可能性はあるのです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)