「要介護認定」の更新、サービス担当者会議 「サ担」 までの実況中継

サービス担当者会議

最近は祖母が亡くなった話を中心に、ブログを書いてきたんですが、実は母(70歳)の 「要介護認定」 の更新の時期でもありました。

前回(1年前)の 「要介護認定」 の反省を踏まえ、下記の3つのコツ、ポイントを自分でまとめて、いざ 「要介護認定」 に家族として立ち会いました。ところが、いきなり想定外の事が起きました!

  「要介護認定」 を受ける際の3つのコツ・ポイントをまとめてみた 「要介護認定」 を受ける際の3つのコツ・ポイントをまとめてみた

 

玄関に立っていたのは・・・

「ごめんください」

玄関を開けると、そこに立っていたのは、市の認定調査員・・・ではなく、”よく知っている顔” ではありませんか?

「あれ?××さん。今日は市の認定調査員の方は、どうされたんですか??」

「いえいえ、わたしが要介護認定を行います」

誰が来たかと言うと、うちの担当ケアマネージャーでした。ケアマネさんが市から受託して、要介護認定をやることがあるそうです。昨年の要介護認定の時は、遠距離介護のハンデで、家族の立ち会いができなかった上に、市の認定調査員からは、

「お母さまは、認知症という感じを受けませんでしたよ」

と言われる始末。電話で必死に認知症エピソードを伝えて、事なきを得ました。あの思い出から、「要介護認定」対策をして、東京から移動して立ち会ったんですが、担当ケアマネだったら、そこまで準備する事なかったなぁ~

「要介護認定」から結果が分かるまでは、約1ヶ月かかるのですが、うちの母は 「要介護1」。昨年と同じ結果でした。ランクダウンする要素はどこにもないんですが、万が一ってこともありますからね・・・この「要介護認定」、祖母の葬儀の4日後に偶然設定していたので、行事続きでかなり疲れました。介護認定が終わり、介護保険証が更新されると、次はケアプランを作成する 「サービス担当者会議」 を行います。

最強メンバーがそろった!サービス担当者会議

サービス担当者会議、略して「サ担」。最初にこの略語を耳にした時に、これを思い浮かべました。
021316

「サタンって・・・・、悪魔か?」

ググって初めてわかったんですが、業界用語ってあるんですよね。サービス提供責任者を 「サ責」 っていいますし、最初は何言ってるか分かりませんでした。

サービス担当者会議には、うちの母(利用者)、わたし(家族・介護者)、ケアマネージャー、サービス提供責任者(ヘルパーさんのところのえらい人)、訪問看護師さんの計5名が集まりました。「サービス担当者会議」 の目的は、

1. 利用者のより良い支援体制を整えること
2. 機関同士がそれぞれに持っている機能、サービス、事業内容について理解を深める。
3. 現状サービスの問題点、制度的限界を明らかにし、新たな施策展開に繋げる。(参考サイト

ケアマネさんが議長で、1時間程度話し合いをします。いつものことなんですが、母は人に頼らなくともなんでもできると主張するので、

「わたしは買い物もなんでもできるんですが、息子がどうしても外出させたくなくって・・・」

ヘルパーさんは週2回くるので、それ以外の日に買い物に行こうと思えば行けるんですが、自分からは行こうとしません。手足が不自由なのもありますが、人の目が気になる人なので、誰とも会いたくないんですよね、本当のところ。でもって認知症なので、同じものを買ってきてしまいます・・・

母はヘルプを必要としない事を主張するんですが、母以外のメンバー全員がこの話を ”いい具合に” スルー。看護師さんも、サービス提供責任者さんも、ケアマネさんもこの1年で何度もお会いして、何度も話し合いをしてきたので、とても信頼している方々。わたしから言わせれば最強メンバーなのです。

結果、今までと同じケアプラン(週2回の買い物、週1回のゴミ捨て、週1回の訪問看護)でいく事に決め、近々 「訪問リハビリ」 を検討することも決まりました。こちらは認知症ではなく、シャルコー・マリー・トゥース病のほうで、手足を動かしてもらうリハビリです。

うちはコウノメソッド実践医が在宅介護についても詳しいので、いろんな提案をしてくれます。ケアプランはその都度見直していますし、かなりの頻度でみなさんにお会いしているので、普段の会話が 「サービス担当者会議」 みたいなものです。いろいろ苦労しましたが、このケアプランに満足しています。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)