分かりづらい「介護タクシー」と「介護保険介護タクシー」の違い

祖母(89歳)が療養型病院で大腿骨を骨折し、急性期タイプの病院で全身麻酔という危ない橋を渡って、無事手術に成功!その後、骨折した病院に戻るときに困ったはなしです。

まず必要だった車椅子対応の介護タクシー

生まれて初めて、車椅子対応のタクシーがある会社をネットで検索しました。地方都市というハンデもあったのですが、なんとか車椅子対応のタクシーを見つけました。ところが、ネット上で出てくる ”介護タクシー” と ”介護保険介護タクシー” という、意味不明な言葉の違い・・・ 医療や介護の世界って、どうしてこう素人を困らせるんですかね・・・

ものすごく簡単な違いは、”介護保険を適用するかしないか” の違いです。介護保険を適用するということは、支払うお金が変わってきます。結局1割負担でいいというオチなので、誰がどう考えてもこの ”介護保険介護タクシー” を選択します。

がしかし・・・・

この介護保険介護タクシーを使うには条件があって、要介護度1以上であること とか 病院への通院、新しい施設の見学 などなど利用条件が制限されています。さらにケアプランの作成が必要なので、ケアマネージャーと相談して、ケアプランを作成後、初めてこの介護保険介護タクシーに乗ることが許されます。

ご利用案内・ご利用の流れ | 仙台中央タクシーご利用案内・ご利用の流れ | 仙台中央タクシー

上記サイトの利用の流れや、利用条件から、どうやらわたしの家は適用外ということが分かりました。でもでも・・・

病院の転院は介護タクシー?

病院の転院に関しては、この介護保険介護タクシーは使えない!要は介護保険の適用はだめで、10割負担せい!ということになります。でも10割はやだなぁ~ってことで、ケアマネージャーに電話して、ホントに使えないの?とねばってみました。結果は・・・・NO!

ってことで、介護タクシーを3日前に手配しました。祖母がいる病院名、病棟、階数、日時を連絡すると、資格を持ったタクシー会社の運転手さんが、時間通り病棟に現れてくれました。

実際に載った介護タクシーを後ろから追いかけて撮影↓
20130312_101807

さすがに専門の方ということで、車椅子の介助も手慣れたもの。結局転院にかかった費用は3000円、タクシーで20分ぐらいの距離でした。わたしは1万円くらいかかる?って思っていたので、思ったよりも安く済んだなぁというのが実感です。おはずかしい話、病院までの近道をわたしは知らず・・・介護タクシーの後ろをわたしがついていくという感じになりました。

介護制度とか、介護保険って本当に分かりづらい・・・そして誰かが教えてくれるわけでもなく、やっぱり自分でいろいろ見つけないといけない!ケアマネさんも教えてくれるかもしれませんが、結局は自分発信だなって思いました。ってことで、こういう体験談をできるだけブログでアップすれば、助かる人もいるんじゃないかな・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)