法人が成年後見人を行う 「法人後見人」 は、遠距離介護の味方になる!

祖母(90歳)の成年後見人に任命されてから、10か月が経過しました。今、成年後見人としてやっていることは、

1.病院の支払い
2.財産の管理

実質、この2つのみです。成年後見人になるまでは結構大変でしたが、なってからはたまに裁判所に書類を提出する以外は、通常の家計簿レベルの収支作成ぐらいなので、そんなに負荷にはなっていません。遠距離介護で負担の大きい 「交通費」 も、祖母の介護費用として認められているので、祖母の口座から交通費をもらっています。

祖母が2か月に1回もらう年金は、介護にかかっている病院代、交通費、病衣代、食事代でなくなります。結局、

「祖母の介護費用は、祖母の年金と貯金ですべてまかなっている」

状態です。特に遠距離介護だと、介護する側に経済的負担が重くのしかかる事が多いので、使えるものは使うべきです。成年後見人に親族がなれればいいんですが、頼れる親族がいなかったり、お金の管理が遠距離でできないならば、弁護士や司法書士などに依頼となります。でも、

・申立手続きの際の費用を、弁護士や司法書士に払わなくてはいけない
・月々の収支についても管理してもらう一方で、報酬を支払わないといけない
何より相次ぐ、弁護士や司法書士による財産の悪用事件

というのもあって、わたしは自分で成年後見人になることにしたのですが、最近になって 「法人後見人」 という方法がある事を知り、もしこれを知っていたら、こちらにお願いしていたかもなぁ・・・ということで、今日は 「法人後見人」 のお話です。

法人後見人とは?

文字通り、成年後見人を法人がやるという制度です。ではどこの法人がやるかというと、社会福祉協議会(社協)や、司法書士が組織化された社団法人などがあります。

この法人後見人、誰でも使えるかというとそうではありません。審査があって、その審査に通った人が法人後見人を利用できます。ひとり暮らしの高齢者で親族もいない とか、遠距離のひとり暮らしの高齢者 という環境ならば、審査次第ではこの 「法人後見人」が利用できるかもしれません。

メリットとしては、法人なので ”組織化” されているという点です。担当の成年後見人がいなくなったとしても、あくまで組織なので、別の方が替わりに担当してくれるという点、また悪用に関しても組織に属しているならば、他人の目がきっちり働くので悪用もできないはずです。

どこに相談したらいいか?

わたしはどこに相談したらいいか分からず、いきなり家庭裁判所に行ってしまいました。今思えばですが、各市町村にある 「成年後見センター」 にまずは相談しにいくといいです。社会福祉法人であったり、公益社団法人等が運営しているので、まずは近所の 「成年後見センター」 に相談したほうがいいです。

品川成年後見センターのホームページに、実際の法人後見人になるまでの流れが書いてありますので、下記をご覧ください。

社会福祉法人 品川成年後見センター
[browser-shot width=”400″ url=”http://shinashakyo.jp/koken/service.html”] にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)