成年後見制度を悪用する人たちの例

認知症の人の財産をどう管理していくか? 当の本人は認知症だから、まともな財産管理ができないし、正しい判断ができない。訪問販売で高い羽毛布団を買わされたり、いいかげんな投資話を持ちかけられて、契約させられたり・・・

悪い人だけが狙っているわけではありません、わたしが以前書いた 遠距離介護と生命保険と認知症とのはなし のように、” 相手側が認知症だという事を気づかず” に、結果契約を進めてしまうということだってあります。とにかく認知症という正しい判断ができない人に対して、いろんな魔の手が忍び寄ってきます。それを回避できるのが・・・

改めて成年後見制度について

このブログでもかなり力を入れている成年後見制度、これを利用することで、認知症の方を守ってあげることができます。最近では成年被後見人が選挙権回復したニュースで、この制度を知った方もいると思いますが、まだまだなじみがない制度ですし、日本でも成年後見人はまだ14万人弱しかいません。

認知症の方の財産を、”その人のために” 使ってあげるようにする! ってのが、成年後見制度です。きちんと判断できない人の代わりに、後見人が判断して財産をきちんと管理するのが職務です。

この制度のもう一つの特徴は、認知症の方の財産だけでなく、”介護する側の財産” も守ってくれます。どういうことかというと、介護する側が費用を立て替えるケースっていっぱいあると思います。わたしの場合は病院代、おむつ代、タクシー代などなど100万近くは立て替えました。介護する家族同士で、誰が負担する?とか揉める要因のひとつです。

わたしはこの制度のおかげで、遠距離介護の交通費負担も楽になったし、病院代、おむつ代などいろんな費用の持ち出しが止まって、すべて祖母の財産から、祖母のために使われる形になったので、介護する側の財産を守ってもらっています。家族間の争いもありません。

でも、最近この成年後見制度を悪用する輩が、結構多くなってまして・・・・

成年後見制度を悪用する人たちの例

わたしのように家族が後見人になるケースでも、認知症の家族の財産を勝手に使いこんで逮捕されるというケースがあります。これはわたし自身も気を付けないといけないことです。後見人の職務って最初はいろいろと面倒なので、弁護士や、司法書士など第三者に成年後見人を依頼するケースがあります。裁判所から認定されたその人が、社会的にも認められている職業についているその人が、財産を使いこむというケースが増えています。

先日、日本テレビの ”行列のできる法律事務所” の 『親が認知症になる前にやっておいた方がいいことは?』 という特集で、北村弁護士が認知症の方の財産を守るために、この後見制度を薦めてました。北村弁護士はもうひとつ、『この制度を悪用する弁護士もいる』 ということを言ってました。

行列の出来る法律相談所行列の出来る法律相談所

東京弁護士会元副会長の弁護士がつい先日逮捕されました。この方は、2009年9月~2011年5月までの間、成年後見人として管理していた女性の銀行口座を解約し、払戻金計2400万円を自分の口座に振り込んで横領した疑いがあるそうです。弁護士に限らず、司法書士なども同じような事件を繰り返しています。

成年後見制度は意味もなく買ってしまったり、契約したものの返品や不履行もできますし、認知症の方に忍び寄る魔の手から守ってあげられる制度です。その守るべき成年後見人が悪用してしまうっていう・・・悲しい事も起きています。成年後見制度を利用して、認知症の方も、そして自分自身の財産も守る 事をお薦めします!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

■わたしの1作目:認知症専門医・名古屋フォレストクリニック河野和彦先生推薦

4 件のコメント

  • 偶然 このブログを発見していっきに読みまくりました。
    もっと早く見つけていれば・・・・
    ところで
    成年後見制度って 独居で施設の方には朗報だと思いますが、居宅はかなりきついです。
    先日 家電を買いました。すると 家裁の担当の方は
    1 壊れたという証明(写真写しましたが機能が壊れているのでこれでは証明できません)
    2 確かに設置されたという証明(これは電気屋さんに書いてもらいました)
    3 他社製品との見積もり比較がない(少なくとも4、5つつはつくりなさい)
    4 カタログの写し
    5 領収書 

    結果、、
    1まず高価すぎるという理由で、価格の50%は他の家族が出すように(つまり私)言われました
    2 設置できない家電(持ち運びできる家電)は 他の方が使える状態なので(つまり私) 認められない と言われました
    3 最後に 初来のことを考えてもっと節約するようにと言われました。

    わたしは 壊れたと電話がかかり 遠距離をかけつけて 母もつれていき、どうしてもこれがいいと言い張るので それを買いましたが、高価ではありません。中間の下くらいです。
    それで 私が得たものは 交通費自腹(車で6時間高速使って行ったから) 家電の半分を母に返すように とのこと。また持ち運びできる家電は 私が全額負担。

    もう 担当の女 訴えたい 
    これって虐めじゃないのか?
    「もっとお金の管理をきちんとしてください。」と言われたので
    「きちんとできませんから他の方にお願いします」と言ったら
    「こんな難しい家庭 受けてくれる人なんていませんよ」と言われました。

    施設だったらな、、と思います。
    施設入りは まったく介護をしない妹が 「お母さんが可愛そう!」と言い張って ずるずると先延ばしにしています。全面的にヘルパーさんと家政婦さんと便利屋さんと近所の方の好意だけで成り立っています。トイレが自力でできるので 危険なものはすべて捨てましたので(食器もプラスティックです) 自宅で生活できないわけではない という感じです。

    もう疲れました。裁判所に疲れました。成年後見制度は施設入所の方だけにしてほしい、、

    すみません。愚痴です。ごめんなさい。

  • みなみさま

    2つのコメント読ませて頂きました。

    確かに居宅ですと、線引きが難しい部分が多いかと思います。ポイントとしては、

    1.成年被後見人の毎月の収支は、黒字にできるように努力する(アピールする)
    2.裁判所の姿勢はあくまで成年被後見人の財産をいかに減らさないようにするか、本人のためだけに使っているかを見ている

    こういうスタンスで来るので、このスタンスに合うように後見人として行動する必要があるかと思います。わたしが恵まれていたのは、最初書類を提出に行った際の面接官の方が費用計上をいろいろと教えてくれたことです。書類コピー代とか、車のガソリン代なんかも面接官のアドバイスで入れました。

    最初は持ち出し金額がすごかったです。しかし事務報告書の提出を求められる時期がいずれ来るかと思いますが、その書類の中に、

    「その他、気になっている事は?」

    という欄があったので、わたしはそこで遠距離の交通費負担が重いという事を書きました。結果さかのぼって認められる事となり、すべて取り返したという感じでした。介護離職にまでなった事も影響したのかも。

    みなみさまとは関係ありませんが、悪徳弁護士や司法書士が財産の悪用をしたり、家族でも不正使用をして逮捕されるケースが非常に多いです。そういう社会的背景もあって、より厳しく見られるようになっているのは間違いないです。

  • みなみさんの2014/03/15のコメント中、
    「きちんとできませんから他の方にお願いします」
    とありましたが、これ、言ってはいけないと思います。下手すると家裁はこの言を口実に、財産管理専用の後見人を選任してしまいます。そうすると報酬が生涯にわたって発生するだけでなく、勝手に財産処理されたりします。口は災いの元。でも家裁からのイジメによく耐えてらっしゃる。頭が下がります。
    こういう投稿の場を訪れることで情報交換し、”知識武装”することが大事だと感じます。くどひろさんに感謝します。

  • take884さま

    コメントありがとうございます。

    下記リンクのような話とか、リアルで生々しい後見制度の体験談をよく頂きます。

    http://40kaigo.net/system/guardianship/8352/

    いろんな意見を頂くたびに、自分が選任されて本当によかったなと思っています。職務を全うし終えて2年半が経過しますが、それでも制度の変化を感じてしまいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか