遠距離介護が始まったら民生委員を頼ってみるのはなし

遠距離介護を始めてから頼れる人はほとんど頼ってきたわけですが、ひとりだけ頼っていなかった人がいます。それが民生委員です。

以前、遠距離介護の集まりでパオッコさんのサロンに参加した時に頂いたアドバイスで、

『民生委員の人を頼るといいよ』 と。

最初に民生委員の事を聞いた時は、『ミンセイイイン?』 ぐらい意味も言葉も役割も分からなかったんですが、民生委員とはこんな役割です。

民生委員とは?

以下は厚生労働省のHPからです。『社会福祉の増進のために、地域住民の立場から生活や福祉全般に関する相談・援助活動を行っており、創設90年以上の歴史を持つ制度です。また、全ての民生委員は児童福祉法によって「児童委員」も兼ねており、妊娠中の心配ごとや子育ての不安に関する様々な相談に応じたり、支援をしています。』

『核家族化が進み、地域社会のつながりが薄くなっている今日、子育てや介護の悩みを抱える人や、障害のある方・高齢者などが孤立し、必要な支援を受けられないケースがあります。そこで、民生委員・児童委員が地域住民の身近な相談相手となり、支援を必要とする住民と行政や専門機関をつなぐパイプ役を務めます。』

民生委員とは?(厚生労働省)
[browser-shot width=”400″ url=”http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201305/1.html”]

卒寿のお祝いで民生委員がいらっしゃった

祖母が卒寿(90歳)で、市町村の記念撮影があるのでというので、偶然民生委員の方が我が家に来てくれました。民生委員の方がおいていった書類を見ると、どこかで見たような名前・・・・えーっと・・・・

あっ、中学校の時同級生だった××さんのお母さんか!

いまから約30年も前のことですし、その頃に見かけた事はあっても特に話した記憶もなく・・・ 実は民生委員の探し方が分からず、でも見つけたら話しておこうと思っていたところでした。というのも、

1.認知症の母がわたしがいない時に、ご近所に何か迷惑をかけているような気がする
2.ご近所も私が上京する前と今とでは、メンバーが変わっていて誰かわからない
3.地区の行事を認知症のため、よくすっぽかす

介護保険で適用できる部分はきっちりやったんですが、ご近所のところがどうしても進んでいなかったので、民生委員さんとなんとか会いたいなぁと思っていたところで、偶然見つけました。

民生委員にお願いしたこと

民生委員さんにお願いしたことは、ただ一つです。『母の話し相手になってほしい』 ただこれだけお願いしました。

民生委員さんもひとり暮らしということは、把握していたようです。ただ、母の認知症はまるで分らなかったようで、諸事情を話すと、

『わたしで力になれる事があったら、言ってください』と。

大変ありがたいです。民生委員ってボランティアみたいなものなので、ケアプランを作ってきっちりお願いする感じではなく、ゆる~くお願いをすることにしました。住んでいる地区の事を把握しているという点で、大変心強い味方を見つけました。

認知症は進行していきますから、初期段階であらゆるサポート体制を万全にしておくというのはとても重要で、民生委員さんもそのひとつです!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)