工藤広伸・認知症介護の講演会ご参加の皆さまへのお願い

札幌市民交流プラザでの認知症介護講演会

工藤広伸の認知症介護講演会にご参加頂く予定の皆さまへ

わたしの講演会をより楽しんで頂くために、いくつかご提案とお願いがあります。

講演会の配布資料は準備しておりません

ご参加頂いた皆さまには、講演会に集中して楽しんで頂きたいので、配布資料を用意しておりません。その代わり、カメラでのスライドの撮影を許可しております。(一部撮影不可もあり)

暗い講演会場でメモを取りながら講演を聴くのは大変なので、デジタルカメラやスマートフォンを会場に持参し、スライドを撮影してください。

講演会中の携帯電話はマナーモード。電源はON

講演会のスライドの撮影を許可しているので、携帯電話は電源はOFFにしないでください。周りの方のご迷惑にならないよう、マナーモードでお願いします。

講演会前後の書籍へのサインについて

わたしの書籍をお持ちの方で、サインをご希望される方は気軽にお声かけ頂ければ、いつでも喜んでサイン致します。

講演会前は前室で待機していることが多いのですが、会場で見かけたら講演前でもお声かけ頂いて大丈夫です。講演終了後は、いつでもお声かけください。

書籍に関しては、講演会場で販売することもあります。

講演会の楽しみ方

  1. 眉間にしわを寄せて、話を聴かないよう注意してください
  2. 肩の力を抜いて、リラックスリラックス
  3. 講演会前にわたしの書籍やブログを読むと、より楽しいかもしれません

介護が講演テーマというだけで、暗い・つらい内容になると想像し、眉間にしわを寄せながら、肩に力を入れてわたしの話を聴く方がいらっしゃいます。そういう講演会ではないので、どうぞリラックスして話を聴いて頂けるとうれしいです。

ご参加されるすべての方がこのページをご覧になるわけではないので、講演の冒頭でこちらのページの話を簡単にふれます。事前にこのページをご覧になった方のほうが、より講演を楽しめると思います。

講演会のその他詳細について

その他詳細につきましては、主催者の指示に従って、講演をお楽しみください。また、こちらに書いてあることと、主催者側の指示が食い違っている場合は、主催者側の指示を優先とします。

皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

今日もしれっと、しれっと。