【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

【6秒動画あり】足の不自由な母に歩行支援機ACSIVE(アクシブ)を装着し、歩いてもらったらこうなった!

ACSIVE アクシブ

母はCMT病(シャルコー・マリー・トゥース)という難病で、手足の筋萎縮がものすごくゆっくり進んでいます。10代で発症した母が、どんな体験をしてきたかというと、

  • 中学生のとき、マラソン大会で最下位となり、ゴールに着いたら誰もいなかった
  • 20代のとき、ヒールを履きたいと思ったけど、つま先の力がなく履けなかった
  • 握力が弱く、手の筋肉も委縮。ペットボトルのふた、牛乳パックなど、開けるのに苦労する
  • スリッパがはけないので、病院内はスリッパなしで歩く
  • 突然平地で、お辞儀をするように前に倒れる

若い頃は病名も知られておらず、意味のない湿布をくれる病院もあったとか。見た目には分かりづらいので、「本気を出してない」とか「やる気がない」と思われることもあったようです。

それでも、家の中は慣れていて壁も近くにあるので、ヨタヨタと歩くことができます。週1回の訪問リハでは、立ち上がり訓練や可動域訓練などをやっていて、落ちゆく筋力をとにかくキープするようにしています。

そんな母に、あるチャンスがやってきたのです。

ACSIVE(アクシブ)とは?

簡単に言うと、歩行支援してくれる機械のようなものです。モーターやバッテリーを使わず、重力とバネの力だけで歩行支援してくれます。充電の必要がなく、機械音もしません。シンプルで扱いやすく、しかも片足で550gと超軽量です。

送られてきた箱を開封すると、アクシブ本体とパンフレット、説明書が入ってました。
アクシブ

自立歩行できる人が対象で、病気やケガで自立歩行能力が低下した人をサポートするものです。歩行ロボット系よりも自分の力を使うところが、わたしはとてもいいと思います。すべてを機械に委ねたら、使える力もさらに衰えてしまいます。

名古屋工業大学・佐野明人教授が、10年以上研究してきた「受動歩行理論」に基づきます。受動歩行とは、

簡単にいってしまうと、足の付け根、ヒザを軸とする2重の振り子運動を利用し、少ないエネルギーを用いて効率よく歩く方式の歩行のこと
引用元:http://cannonballtrading.info/acsive/index.html

箱の中身(アクシブ本体、カーボンスティック、調整用六角レンチ)
アクシブ

今回、このACSIVEを無料レンタルしてくださったのは、横浜にあるキャノンボールトレーディングの森原顕正代表。わたしのブログを読んでくださり、リンク掲載依頼が来たのがきっかけでした。

「あ、知ってる、この方!」

2014年の東京ビックサイトで、たぶんお会いしたかもしれない方です。母のリハビリに使えそうなツール探しに行って、ご縁があったんですね。こういう奇跡が、最近いろんなところで起きます。

ACSIVEによる歩行テスト

訪問リハの理学療法士さんが、母にACSIVEを装着し、わたしが6秒動画を撮りました。自分でも装着可能ですが、プロが近くにいたので、お任せしました。一番歩きやすい、実家の台所で撮影してます。

画面右に向かって、よれて歩いています。本当は壁に手を突きたい母ですが、「手をつかないでね~」とお願いしているので、頑張って真っすぐ歩こうとしてます。そういう意識からか、歩行スピードも遅いです。

左足に、ACSIVEをつけました。バネの力で、左ひざが自然に前に押し出される感じがあります(わたしも着けました)動画でも歩行スピードもあって、真っすぐ歩けています。上下比較すると、違いがよく分かります。

理学療法士さんもご自身でACSIVEを試したら、前に押し出される感覚に「お、おぉ~」と言ってました。ちなみに筋力があるわたしは、「ん?構造は分かるけど、どうかな?」という感じでした。

理学療法士さんもわたしも、自力でできるうちは自力で!という方針なので、母はしばらく自力で歩いてもらいます。でも、車イス生活が見えてきた場合、選択肢として残しておこう!ということになりました。

ACSIVEを使った方の感想

元々は脳卒中での片麻痺を想定して開発されたものですが、足の運びが重くなったという方全般に使用できる製品です。脊髄小脳変性症の方も利用されています。実際の体験者の感想を、こちらにまとめました。

50代男性・脳梗塞の後遺症
通勤時の歩行に支障があり、電車を降りて、一休みしないと会社に行けなかったのが、アクシブの装着により歩行が楽になり、一休みせずに直接会社に行けるようになりました。
60代女性
アクシブを着けると、歩行が断然楽です。女性なので装着しても目立たないデザインが嬉しいです。スカートの下から装着すれば、着けていることも周りからわかりません。
80代男性・大腿骨骨折による後遺症
歩幅が広がり、歩行が楽になりました。生まれ変わったようです。軽いので、持ち運びにも適しています。

ACSIVEのお値段とお問い合わせ先

まずは無料貸し出し(1週間)を行っているので、そちらで体感してみるといいと思います。うちも往復の送料は負担して、借りました。超軽量なため、往復で運賃は2,000円しませんでした(横浜と盛岡間)

レンタル価格は下記で、購入の場合は片足で194,400円(税込)、両足で378,000円(税込)となっています。残念ながら、介護保険や給付を使っての購入やレンタルはできません。

アクシブ価格

試用、レンタル、購入申し込み、お問い合わせは、キャノンボールトレーディングの下記公式サイトよりお願い致します。

保険外でも、こうやっていろんな便利なものがあるんですよね。何でも介護保険で賄おうと考えがちですが、広く選択肢は持つべきだと常に思っています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
9/19(土) 東京都港区(オンライン全国参加可能) → 【満席・追加募集中】お申込はこちら

講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ