【東洋経済】認知症特集で得られた 「4つの金言」

週刊東洋経済の特集は「認知症を生きる」

3月3日(月)発売の週刊東洋経済の中から、

「これはわたしにとって、認知症の金言だ!」

と思えたもの4つをご紹介します。

20140303_134829

介護福祉士の和田行男さんの金言

「認知症の人が施設の外に出ると、脱走したと言いたくなるが、本人からすると施設に拉致されていた、となる。(一部略)相手を理解できないと鍵を閉めるという発想になるが、それは間違っている」

意味ない徘徊もちゃんと理由があって、無理に連れ戻さないそうです。人間の尊厳を守る、その人らしさを大切にするというのは、今話題の 認知症ケア「ユマニチュード」 にも共通しています。

「認知症の人の、人間としての尊厳を守る」 

というのは、認知症介護の根幹なのかもしれませんね。

ペコロスの母に会いに行く作者 岡野雄一さんの金言

「親孝行の人ほど、24時間ずっと親に付き添って、介護疲れで共倒れになってしまう。そうなるくらいなら、施設に入ることを選んでもいいと思うんです。いい距離を取ってほしい。恋愛と同じで、24時間ずっと相手を抱きしめている必要はない」

本当に同感です。わたしも ”ひとりでがんばらない” “頼れるものは頼る” をモットーにしています。いけるところまで遠距離介護で、自宅介護を続けますが、最終的にはどうするか、すでに母にヒアリング済です。

「あんたたち(わたしと妹)に、迷惑はかけたくない」

と言ってて、それをエンディングノートの介護方針のページに、そのまま書いてもらいました。わたしたちの事が分からなくなったら、施設に入ってもいいと言ってくれました。

おくむらクリニック院長 奥村歩さん の金言

「認知症の人は意味もないことを何度も聞かない。(一部略)家族がやるべきことは安心感を与える絆づくりだ。(一部略)それだけで、記憶には残らないが安心して、しつこいことを言わなくなる」

これが難しいです・・・紙に書いたら安心するかなと思って、紙に書くんですが、その紙を見てまた何度も質問されちゃいます(笑)きっとわたしが安心感を与えきれてないんですよね、これって。

東洋経済 編集部の金言

「”認知症患者” という言葉はなるたけ避けました。医療・介護の現場で、認知症を病気ではなく、病んでいるところを含めて「人」として接しようという考えがあることに共鳴した・・・」

わたしがお世話になっているコウノメソッド実践医の先生も、同じ事を言ってたのを思い出しました。

「認知症は、風邪となんら変わりないんですよ」

先生はこう続けました。

「風邪をひいた人に対して、何か特別な目で見たりしませんよね?認知症だって同じ病気なのに、認知症だけ違った見方をするのはおかしい。」

わたしもこの考えに賛同して、できるだけ「認知症患者」という表現をブログでは使わないように心がけます!

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ