認知症の母の次の誤食は石鹸だった

認知症の母の誤食は食器用洗剤、冷蔵庫の脱臭剤、未遂に終わったものとして使い捨てカイロ、部屋の消臭剤があり、ブログや音声配信でご紹介してきました。

母がこたつの上に物を持ってきたら、食べ物に変わってしまいます。ここに挙げたものの中で最も緊張したのは、部屋の消臭剤です。

わが家で使っている無香空間のビーズは、水で膨らむ性質があります。喉に詰まらせたら大変で、それを知っていたので本当に怖かったです。今は母の手の届かないところに置いたり、撤去したりしました。応急処置はビーズが膨らみにくい、牛乳やスポーツドリンクを飲んでもらうといいです。

認知症の母が石鹸を誤食した写真

岩手に居る妹から、1枚の写真が送られてきました。石鹸の皿にスプーンがあって、おそらくですが口にしたと思います。見守りカメラの映像では確認できませんでしたが、下の写真からは少量食べて止めたように推測できます。

スプーンで石鹸を食べたっぽい形跡が

石鹸は前から母が食べる気配があったので、みかんネットに入れて台所に吊るしてみたのですが、キレイ好きの母がネットを気にして外し、うまくいきませんでした。

それで何か月か前の遠距離介護のときに、台所に置いて様子を見たら食べる気配がなかったので、大丈夫と思ってそのままにしてきたら、とうとうやってしまったという感じです。

実は石鹸の誤食はそれほど毒性はなく、そこもチェック済みでした。少量食べた場合の、日本石鹸洗剤工業会の誤食の文章を引用します。

◎すぐにコップ1~2杯の牛乳または水、あるいは生卵を飲ませ,誤飲したものを薄めたり,食道や胃粘膜を保護する。
×無理に吐かせてはいけない。吐物や泡が気管にはいると肺炎をおこす可能性がある。自然に嘔吐が生じた場合は,吐物を吸入しないように注意する。
◎嘔吐や下痢症状が激しかったり,様子がおかしい場合は医師に相談する。

引用元:https://jsda.org/w/3goingoyou/index20.html#:~:text=%E2%97%8E%E6%AF%92%E6%80%A7%E4%B8%8A%E3%81%BB%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C,%E5%A0%B4%E5%90%88%EF%BC%8C%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%AB%E7%9B%B8%E8%AB%87%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%82

無香空間の緊張感ほどではないにせよ、今後は石鹸は台所に置かないようにします。デイサービスから帰宅したときに、手を洗って欲しい気持ちはありますが。

泡タイプの石鹸は開けて誤飲する可能性がありますし、わたしが帰省したときだけ使ってもらうしか方法はなさそうです。

誤食の危険のあるものはすべて、物置きに鍵をかけて保管してあります。食べられるけど食べて欲しくない調味料系は、冷蔵庫の野菜室にロックをかけて対策してあります。どんどん物が家からなくなっていきますが、安全確保のためにはやむを得ません。

今日もしれっと、しれっと。


にほんブログ村 介護ブログへ


【わたしの書いた最新刊】
東京と岩手の遠距離介護を、在宅で11年以上続けられている理由のひとつが道具です。介護者の皆さんがもっとラクできる環境を整え、同時に親の自立を実現するために何ができるかを実践するための本を書きました。図表とカラーで分かりやすく仕上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。
2012年から岩手でひとり暮らしをするアルツハイマー型認知症で難病(CMT病)の母(80歳・要介護4)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて12年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。

【音声配信Voicyパーソナリティ】『ちょっと気になる?介護のラジオ
【著書】親の見守り・介護をラクにする道具・アイデア・考えること(翔泳社)、親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)、医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか