10分で聴ける介護ラジオ放送中!

2012年から通いの遠距離在宅介護を続けて、とうとう10年目に突入!

2012年11月15日。

東京の会社で働いていたわたしのところに、岩手で暮らす認知症の祖母の子宮頸がんの知らせが入りました。会社員人生はそこから大きく転換し、40代はほぼほぼ介護の9年間でした。

遠距離介護を続けているというと、家族を介護施設に預けている、岩手に居る妹がメインで介護している、母の認知症はそれほど重くないと言われるのですが、いずれも違います。

ずっと遠距離の在宅介護をやってますし、介護のメインは東京に居てもわたしが通いでやってきました。母の認知症は最初は軽度でしたが、今は重度です。

母の介護を軸にしながら、途中で祖母と父の介護が同時にやってくるダブル遠距離介護や看取りも経験し、書き手の立場で考えれば、ありがたいネタに恵まれました。

ただこの書き手というのも、会社を辞めて介護が始まった当初は仕事になると思っておらず、この介護ブログをなんとなく始めたことがきっかけで、仕事の幅が一気に広がり、コロナの影響で一気に縮小しました。これはもう笑うしかないです、ハイ。

今日から節目の10年目に突入します。自分の力だけでは、9年間も遠距離介護はできなかったと思います。介護虐待のニュースで世間を騒がせることなく、ここまで無事やってこれました!

たくさんの人の力を借りた、そして……

遠距離在宅介護を実現できたのは、たくさんの介護保険サービスの支えがあったからです。

3人のケアマネさん、30人以上はお世話になっているヘルパーさん、20人以上の訪問看護師さん、4人の作業・理学療法士さん、かかりつけ医などなど、たくさんの人の力を借りたおかげで遠距離介護がうまくいきました。

しかし介護保険サービスだけでは、遠距離の不安は解消されません。ヘルパーさんは1日30分ですし、最も長い訪問リハビリですら60分です。それ以外の23時間の見守りは、母の行動次第、運次第の部分も相当ありました。

この9年間で最も変化したのは、やはりテクノロジーです。本当に驚くべき進化で、工夫すればいろんなことが遠隔でできる時代になりました。

2014年当時はTely HDという3万近いカメラをテレビの上につけ、それをSkypeでつなぎ、ネットはwimaxでした。盛岡市は県庁所在地ですが、ネット回線は不安定で画像は粗く、母の様子を確認するのにものすごく苦労しました。

2014年当時使っていた見守りカメラ
2014年当時使っていたwimax

それが今では、スマホで簡単に鮮明な映像が見られ、しかも低価格でカメラが購入できます。スマートリモコンがあれば、認知症でエアコンやテレビを操作できない母の代わりに、東京から遠隔で操作できる時代です。ネット回線を光回線にしたことで、回線切れの心配もなくなりました。

こちらの動画は総務省のyoutubeチャンネル、1分強あります。2018年当時作られた5Gの未来の話ですが、すでに実現されているものもあります。遠距離介護でこれらテクノロジーは応用できると思ってますし、テクノロジーの進化でもっともっと遠距離介護がラクになるはず。

一方の介護保険制度は、ゆっくりゆっくり変化しています。介護のプロからはテクノロジー系の情報は提供されないので、いかに介護家族自身がテクノロジーと介護保険サービスをうまく融合させるかが、これからの介護では大切になっていくと思います。

母の介護のなんとなくの目標は、女性の平均寿命である90歳。あと12年の介護が必要で、わたしも12年後は61歳。そこまでこの介護ブログが続いてたら、ちょっと怖いかも? いや、それもいいかもしれません。

ブログも読んでくださる方がいるから、ここまで続けることができました。本当にありがとうございます。ということで、10年目もしれっと、しれっとやっていきます!

音声配信voicyの最新回は、認知症の人の薄着対策のお話です↓

今日もしれっと、しれっと。


【10分で聴ける音声配信】 → 『ちょっと気になる?介護のラジオ』

 


【わたしが書いた最新刊】
近距離、遠距離に関わらず、認知症の親と離れて介護している方や介護が始まるかもしれない方に向けた新ジャンルの介護本です。図表とカラーで分かりやすく仕上げ、本の内容はNHKあさイチなど多くのメディアに取り上げられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(78歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて10年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか