介護見守りカメラを天井に設置!『スマカメ360 天井タイプ』登場

スマカメ360 天井タイプ

わたしの遠距離介護にかかせない、見守りカメラ。

2015年発売時から、 PLANEX社の『スマカメ』シリーズ一択です。いろいろなモデルを使って、そろそろ5年が経過しようとしていて、今も現役稼働中です。

「いろいろなネットワークカメラがあるけど、どれがいい?」という質問をよく受けるのですが、セキュリティが強固という理由で、スマカメを推してます。

そのセキュリティの詳細の話は、下記の記事をご覧ください。大手企業や他国製の見守りカメラより、安心だと思います。

スマカメ180

高画質で室内すべてが映る介護見守りカメラ「スマカメ180」体験レビュー

そんなPLANEX社から、新モデル『スマカメ360 天井タイプ(CS-QV360C)』が、昨年末に発売されました。

スマカメ360 天井タイプの特徴

名前のとおり、天井に取り付けるタイプのネットワークカメラです。360度見渡すことができるので、カメラに死角ができません。

わたしが今愛用している CS-QR100F の水平画角は103度。部屋のほとんどをカバーしていますが、それでも死角はあります。

魚眼レンズの360°映像を 「歪み補正機能」で補正するうえに、 2分割、4分割した映像を見ることも可能です。(360度映像を見たことがある方は、最初に歪みをイメージするのでは?)暗闇でもカラーで映像が見られるというのも、驚きです。

ひとつ気になるのは、電源です。コンセントの位置や延長コードをどうするかなど、天井タイプならではの工夫が試されそうです。

スマカメ360 天井タイプ介護にどう使う?

スマカメ360を介護にどう使ったらいいかを、箇条書きにしました。

  1. ベッドで寝たきりで、顔が天井を向いている時間が長い方を観察する
  2. 壁や棚への見守りカメラの設置を嫌がる方(認知症初期の方など)
  3. 見守りたい部屋が広く、1台のカメラでは死角が多すぎる方
  4. できるだけ近くで様子を見たい方

よく、「監視しているようで嫌だ」「認知症の家族がカメラを気にして、電源抜いちゃうのでは」と言われます。

離れて暮らす家族を介護する大きな不安を感じたことがある方は、あまり監視がどうこうとは言いません。それ以上に得られる安心感のほうが勝っているからです。

認知症の家族がカメラを気にする件は、設置場所の工夫、コードをモール等で隠してキレイに処理する、コンセントの位置を工夫するといいです。

わが家は居間の隅の高い神棚にカメラを設置しているのですが、母の表情や行動は見られても、距離があるので、何を食べているか細かいところまでは見えません。スマカメ360なら、母の献立まで見られます。

CS-QR100F
愛用中のCS-QR100F

あと寝室の設置もいいかもしれません。寝ている親がしばらく動かないと、「息してるかな」「生きてるかな」って思うことありませんか?カメラで真上から見ることができれば、安心できます。

わたしの講演会にご参加された方は、スマカメLIVE映像を見たことがある方もいると思うのですが、皆さん「こんなにキレイに映るの~」って、必ず言います。

スマカメ360のお値段

下記がAmazonの値段になりますが、やはり他モデルと比較しても高めです。しかし、今までにないモデルなので、使い方はいろいろ工夫できそうです。他のスマカメと併用しても面白そうですね。

壁に設置してもいいとあるのですが、壁と360度の感覚がちょっと分かりませんでした。

Planex 防犯カメラ スマカメ360 天井タイプ CS-QV360C

Planex 防犯カメラ スマカメ360 天井タイプ CS-QV360C

24,800円(04/09 12:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

公式サイトは、こちらになります。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ