4/13(土)東京都大田区で認知症介護の講演会を行います!

大田区 認知症 講演

4月13日(土)の午後、東京都大田区で認知症介護の講演会を行います!

会場は都営浅草線「西馬込駅」下車徒歩1分とアクセスもいいので、どうぞ気軽に遊びにいらしてください。地域や職種、介護しているしていないに関係なく、どなたでもご参加できます。

初の有料イベント(500円)なので、新刊「ムリなくできる親の介護」(日本実業出版社)の話も含めた、有料ならではの新しい内容にします。ブログでは公開していない家族の写真を見せながらの、わが家の認知症介護の工夫、エピソードをご紹介します。

講演にご参加頂いた方には、何かひとつ「気づき」を持ち帰ってもらって、その日からの介護に変化があるような内容にします。

講演終了後の交流会は、新刊の販売や本のサイン、個別でお話しする時間です。このブログやSNSで登場する、ウサギのくどひろハンコを本に押します。

いつもは帰りの電車や飛行機の時間を考えるのですが、都内なので、主催者の方が許す限り会場に居るつもりです。 募集人数も程よいので、気軽にお声かけ頂いて、わたしを捕獲してください。

実は、都内で90分しっかり認知症介護の講演をするのは、これが初めてです。そして2019年、都内での講演の予定は今のところありません。(というか、このあとは全国的に講演予定はゼロ)

講演の申込は、申込ページにアクセスして頂き、30秒のかんたん入力で終了です。人数限定の先着順ですので、お早めにどうぞ!

月刊誌「栄養と料理」の講演会告知の訂正

2月9日発売の月刊誌「栄養と料理」122ページに掲載されている、この講演会の告知に変更がありました、このブログ記事が正解です。

雑誌には「今からできる介護の備え」という、わたしのことが書いてある記事もガツンと載っていますので、よかったら読んでみてください!

昭和10年創刊の歴史ある雑誌で、以前は「おいしゅうございます」の岸朝子さんも編集長をされていました。

講演の詳細とお申込み

演題命の森プロジェクト 第13回勉強会・交流会
「認知症介護は情報戦?それとも心理戦?あなたの介護を楽にする知恵と工夫」
日時2019年4月13日(土)
14:00 ~ 16:30(開場 13:30)

14:00~15:30 講演
15:30~16:30 交流会&個別質問タイム
場所ライフコミュニティ西馬込 2F特別研修室

<会場へのアクセス>
〒143-0026 東京都大田区西馬込二丁目20番1号

都営地下鉄浅草線「西馬込駅」下車(南口出口)徒歩約1分
JR京浜東北線川崎駅西口北から東急バス五反田駅行きで西馬込駅前バス停下車徒歩約1分
JR京浜東北線大森駅西口から東急バス荏原町駅入口行きで馬込橋バス停下車徒歩約8分
JR京浜東北線大森駅西口から東急バス上池上循環で本門寺裏バス停下車徒歩約8分

演者工藤広伸
参加費500円(支払いは当日会場で)
定員80名(先着順)
※専用駐車場はありません
※託児はありません
対象地域に関わらず、どなたでも参加可能です
申込方法・お問合せ先■申込先フォームの入力 ⇒ 入力はこちらから

またはメールアドレス(inotinomoripro@gmail.com)に、お名前(ふりがなも)、参加人数、電話番号を記載して送信してください。

■お問合せ先
080-3576-3218 平林
主催NPO法人 文化活動支援機構フォレスト
共催大森医師会
後援
大田区
社会福祉法人 大田区社会福祉協議会
講演の公式サイトはこちらです。

命の森プロジェクトとは?

地域を構築していく一端を担う、NPO法人文化活動支援機構フォレストという まちづくり活動をしている地域住民のNPOと、大森医師会が中心となり「命の森プロジェクト」を2017年に立ち上げました。

平成最後の講演会、ぜひ遊びにいらしてください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
02/23(土):神奈川県横浜市   → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
03/02(土):青森県平川市    → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
03/03(日):岩手県宮古市    → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
04/13(土):東京都大田区    → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【2018/12/20発売の新刊です!】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか