7/29(水)発売 新刊の最新情報はこちら!

著書『公務員はなぜ認知症になりやすいのか』が話題に

Business Journalさんが、珍しく 「認知症」 を取り上げていて、タイトルがとても刺激的でしたのでご紹介します。

「公務員は、なぜ認知症になりやすい?変化を好まない、マンネリが危険因子に」

元ネタは、認知症専門医 長谷川嘉哉さんの著書「公務員はなぜ認知症になりやすいのか」です。長谷川さんの祖父が認知症だったそうで、名古屋中心に活動されています。コウノメソッドの河野和彦先生も名古屋ですので、愛知県は いろんな認知症の先生がいていいですねー

記事によると、

「認知症は記憶を司る『海馬』が萎縮するために起こるが、最近になって感情を司る『扁桃核』の衰えも発症に大きく関わっていることがわかってきた」という。そこで大切なのが、扁桃核=感情を刺激する生き方だ。そのためには、不快に感じることを、考え方や行動によって快に変えていくことが、扁桃核を刺激し、認知症の予防につながるらしい。したがって「認知症になるか、ならないかの分かれ道は40代以降、扁桃核に刺激を与えてきたかどうか」が重要となるのだ。」

これと、「公務員」 がどうつながってくるかということなんですが、

「公務員=マンネリで変化を好まない」 

これが、扁桃核への刺激につながらないので、「認知症」 になりやすいという話です。認知症の現場では定説らしいんですが、初めて聞きました。

我が家に当てはめると

うちは「公務員」ではないんですが、亡くなった祖母も母も共通していえるのは、「変化を好まない」 という点です。毎日、決まった時間に決まった事をするのがラクで、人と会う事を好みません。

「刺激を与え続けること」が、認知症予防法だとあります。確かにそうなんですが、「刺激」 を与えすぎると、今度はストレスになってしまうので、加減がとても難しいです。

「好きな趣味を持つ、お金の管理は自分でする、積極的に人の集まりに参加する」

我が家はこれが全くできていないんですよね・・・大切だということは分かっているんですが、頑固な認知症の母には難しいです。

Amazonのレビューは、なかなか厳しい内容のものもあります。ただ考え方としては、正しいとわたしは思います。

公務員はなぜ認知症になりやすいのか (幻冬舎新書)

公務員はなぜ認知症になりやすいのか (幻冬舎新書)

長谷川 嘉哉
836円(07/13 10:28時点)
発売日: 2013/09/28
Amazonの情報を掲載しています
にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


7/29発売 予約受付中!

近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親に特化した新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」で介護の模様とブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ