日本初の福祉の学園祭「TOKYO SOCIAL FES 2016」に行ってきた!

TOKYO SOCIAL FES 2016

11月13日(日)、東京・上智大学で「TOKYO SOCIAL FES 2016」がありました。

たまたまテレビで告知を見たのと、自分のブログ広告にも表示されていた(介護福祉というくくりで、おそらく表示されたもの)ので、なんとなく参加してみました。

東京都主催という割に、ネット告知もしっかりしていたし、SNSを使った集客、イベント企画も他の介護・福祉イベントとはまるで違っていたので、官主導の感じがまるでありませんでした。

介護・福祉系イベントって、決まったフォーマットで、登壇者と参加者が眉間にしわを寄せがちで、慈善事業感がほとばしっているのですが、いい意味でゆるいイベントでした。

いつもは、印象に残ったところだけ切り取って記事にすることがほとんどですが、珍しくイベント全体をご紹介したいと思います。

TOKYO SOCIAL FES 2016

次世代車イス、力をサポートしてくれるスマートスーツなどの最先端テクノロジー体験、福祉というお仕事についての相談、社会福祉士、介護福祉士、理学療法士、作業療法士ってなんだ?といったブース、講堂では講演がありました。

TOKYO SOCIAL FES 2016

こういったフードゾーンもあって、いろいろ楽しめるフェスでした。一番特徴があったのが、ステージ企画でした。

わたしが参加した講演

サッカー元日本代表・北澤豪さんと、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致のプレゼンターでパラリンピアンの谷真海(旧姓佐藤)さんも驚く!福祉の神技ということで、理学療法士の内山結城さんによる介助テクニックが披露されました。

その後、「日本一カッコイイ介護福祉士」も登場!トークライブということで、夜勤看護師&YouTuber関根理紗さんだったり、モデル&介護士である上条百里奈さん、わたしも寄稿している認知症ONLINEの川上陽那さんなど8人によるゆるいトークセッションでした。

TOKYO SOCIAL FES 2016

介護・福祉業界で働くかも?という人向けなので、介護職に対する3Kなイメージしか持っていない方にはすごく刺激になったのではないでしょうか?新刊で副業について書きましたが、こういう面白い組み合わせをした働き手はもっと増えると思っています。それを介護や看護と組み合わせるって、とてもすばらしいです!!

最後は、車イスダンサーの神原健太さん、聴力を失うも音楽とダンスが好きなダンサーtomosukeさん、手話通訳ができるケアマネ兼ダンサーのBUTOUさん(記事下写真)によるステージでした。なんと表現していいか分からないのですが、とにかくすごい!としかいいようのないパフォーマンスでした。

先日行ってきた超福祉展もそうですが、介護や福祉系イベントもカッコよくなってきたし、カワイイし、おしゃれです。ボランティア精神にあふれるのもいいのですが、イベントできっちり収益を出して、儲けて欲しいと正直思います。そういうイベントや人材が増えていくことで、3Kばっかりなイメージを打破して欲しいです。

わたしの収穫は、理学療法士ブースで立ち上がりの実体験をしたことですね。母が立ち上がりに時間がかかるので、どれだけ大変なのかを椅子の高さで実験してきました。介護のお仕事を考えている方は、いいイベントだと思います。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)