遠距離介護5年目に突入!わたしと叔母で3年前に決めた「取り決め」のはなし

2012年11月から始まった遠距離介護生活も、丸4年が経過し5年目に突入しました!

医師選びを間違えていたら、わたしや家族が認知症の方の接し方を勉強していなかったら、ステキなデイサービス、ヘルパーさんに出会ってなかったら、こういう通いの遠距離介護はできなかったわけで、本当にありがとうございます!!

できれば、この状態を長くキープしたいと思っていますが、何がどうなるかなんて分かりません。先を考えず、毎日を後悔なく(自分自身も)生きて行こうと思ってます。

わたしと叔母のある「取り決め」

叔母(わたしの母の妹)と最後に会ったのが、3年前の祖母の四十九日でした。そんな叔母から最近、3年ぶりに電話が来ました。鼻毛に1本の白髪を見つけたときぐらい、びっくりしました。

3年前、久々に姉妹水入らずで過ごしたものの、1日中同じ話しかしない母にお疲れだった叔母。電話の用件は、叔母の旦那さんが70歳という若さで亡くなったという電話でした。この叔母とわたしの間には、ひとつ取り決めがありました。

それは、叔母は旦那さんの介護をするから、姉の介護はできない。その代わり、介護をわたしに一任すると同時に、祖母の遺産を放棄するというものでした。

叔母の遺産放棄は、わたしが提案し説得しました。父が家出中の我が家は、母の年金だけで生活しています。正社員期間が短く、ほぼパート勤めだった母なので、年金は少なく毎月赤字です。それを、祖母の遺産で補てんしています。

成年後見人にわたしがなり、祖母の財産をすべて調べ尽くしたから、納得してくれたのかもしれません。祖母が亡くなって、銀行口座がロックされたあと、母と叔母に同席してもらって、わたしが祖母の全財産について説明をし、今後の使い道プランまで話しました。

揉めることも覚悟しておりましたが、すんなり納得してくれた叔母には感謝しています。その叔母の電話はこうでした。

叔母
ひろちゃんに、電話するの怖かったのよ~ 3年も経ったでしょ、姉ちゃんはさ、施設に入ってしまったか、おかしくなってしまったんじゃないかと・・・

その気持ち、めっちゃよく分かります。3年間、何のやりとりもせず、認知症へのイメージはマスコミ通りな叔母からすれば、今頃暴れている姉さんを想像していたことでしょう。

くどひろ
かなりうまくいっていると思うよ。認知症テストの点数もキープしているし、お医者さんや介護職の方にも恵まれているしね。3年前と変わらず、同じことをマシンガントークしてるよ(笑)

この電話で、もうひとつ「取り決め」が増えました。

これで母が知らない亡くなった人が3人に

それは、叔母の旦那さんが亡くなったことを、母に最期まで伝えないということでした。そういった人が、これで3人になりました。母は亡くなったことを悲しむというよりかは、この心配をするはずです。

わたし拝み行ったの?お金渡したの?

この質問を、わたしに異様な回数するはずです。人が亡くなったときにする「常識的な振舞い」を、わたしはできたのだろうか?ということを、ものすごく心配します。お隣の旦那さんが亡くなったとき、このゾーンに入りました。

自分の親が離婚して、貧乏で、近所の目ばかり気にして生きてきた母ですから、「常識的な振舞い」ができずに周りから責められることを恐れているのでしょう。

おそらくこれからも、母の身近な人が亡くなっても、伝えることはしないと思います。悲しみや不安のない幸せな世界を、キープし続けようと。祖母が子宮頸がんで余命半年と言われたときも、本人に告知しませんでした。認知症の人は実は理解しているからと、何でもかんでも伝えるのもどうかな・・と、わたしは思っています。

母自身が天国に行ったとき、皆さんと再会してびっくりしてちょうだい!それまでは、わたしが預かっておきます。預かっておくことに、ストレスはないです、今3人の死を伝えたら、大変なのは間違いなくわたしだからという、自分中心の理由・・・

5年目もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

4 件のコメント

  • こんにちは。
    そうですよね~天国までの秘密がいいですよね^^
    最初の頃は私もイライラと訂正していましたが、
    それでお互いさらにイライラ&パニックになっていました。
    もう逆らわないし、訂正もしてません。
    私の母も、自分の両親、祖父、叔母、配偶者・・・大好きな人達はみ~んなまだご存命です。
    消息を聞かれて私も、「みんな元気に忙しくしてるよ~」と言ってます。

  • わかなまるさま

    やはりわたしと同じように存命させている方、いらっしゃいましたね(笑)その方が自分自身がラクなのでそうしてますが、結構いらっしゃるかもしれませんね。

  • こんにちは
    「大変なのはわたしだという自分中心な理由」に賛成です❗
    くどひろサンの教え⁉通り、母を混乱させない為に嘘をつくことを優しさと考えてます
    それは自分が少しの間だけ楽になれるから。
    そうして いい介護ができるのだと…。
    いつも いつも そうできるわけではないので キツイのですが。
    しれっと いきますよ~ヨロシクお願いしますね~

  • 函館の女さま

    本当にいつも同じようにできるわけではないんですよね・・・8割くらいできればいいかなと思って、わたしはやっています。
    よろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)