酔っ払った自分が認知症の母と話して感じたこと

酔っ払う

10月最終週は、母の眼科通院と祖母の7回忌があり、なおかつ新刊本の締切が重なるという、なかなかヘビーな週でした。

母と一緒に居る時間も長く、合間で本の執筆を頑張ったので、自分へのご褒美として、盛岡・材木町の商店街で開催される「よ市」(歩行者天国)で、1人地ビールや郷土食を堪能しました。

「よ市」は わたしが生まれた頃からやっていて、 4月~11月の毎週土曜日の15時~19時くらいまで開催しているのですが、わたしが「よ市 」デビューしたのは、父が倒れた2017年からです。

父を看取ったあとも、遺品整理などやることがたくさんあったので、父のマンションに何泊かして、近くでやっていたのが「よ市」でした。とにかく安いし、おいしいし、外で飲み食いできるので、盛岡へ遊びに来たら、ぜひ行って欲しい場所です。

11月頭のよ市は寒かったので早々に切り上げ、やきとり屋でホッピーセットを飲みながら、たまたまやっていたワールドカップラグビー決勝戦を見ました。

昔はひとりでお酒は飲めないタイプだったのですが、最近はひとりで飲めます。お酒を飲むとごきげんになるタイプで(←しらふでもごきげんですが)、よ市から帰宅後、酔っ払った状態で認知症の母と話してみました。

酔っ払ったわたし vs 認知症の母

母は、わたしがスイーツ大好きで、お酒は飲まないと思い込んでいるのですが、実際はスイーツも好きですし、お酒もそこそこ飲みます。

酔っ払って帰宅しても、家のことは気になります。母は布団を敷いているか、認知症の薬やサプリはちゃんと飲んだか、フライパンは洗ったか(←油が残ったまま棚にしまうため)、洗濯機に汚れ物はないかなど、一通りチェックしました。

母はわたしの酔っ払った姿に、亡くなった夫を重ねたようで

うちのお父さん、飲んだら会社の人連れてきて、ホントやんたった(嫌だった)。飲むとなんで、あんなにくどくなるんだか

会社の同僚をしょっちゅう家に連れてくる夫。令和の今なら、離婚に発展してもおかしくない話です。

認知症の母は作話率が高いのですが、この話は合っていて、父はいつもは寡黙なのに、酔うと面倒な感じに変わる人でした。

目の前の息子が酔っ払っているためか、母の同じ話は何度も何度も何度も続きます。夫のあの行動がイヤだったと。

わたしがシラフだったら、さすがにしつこいと思うレベル。でもその日は、母の通院も終わり、祖母の7回忌も終わり、執筆も一区切りついた。お酒も回って、とてもハッピーな気分でした。

だから、母が同じことを何度も言おうが、全く気にならない!それどころか、わたしがごきげんなので、かえって話が弾みました。

くどひろ
分かる。確かにおやじは酒飲むとダメだった。それはそれはご苦労さまでした。亡くなったから、許してあげてよ~

結局は受け手側

母はいつも通りで、受け手であるわたしだけが異様にハッピーだったというだけの話です。

認知症介護の講演会で「人の心は変えられない、でも自分の心を変えるのは簡単 」という話をします。酔っ払ったわたしだけが大きく変化したことによって、母の凄まじいリピートも、懐かしい父の思い出話に変わってしまいました。

日頃から、淡々と自分を変える努力はしているのですが、お酒が回った状態で母とじっくり話したことはなかったので、「なるほど。ここまで振り切れれば、もっと介護がラクになるのね」と自分で気づきました。

酒飲みながら、認知症介護だ!ではないのですが、それくらい介護者側のゆるさ、いいかげんさも大切だなと。やっぱり認知症とか意識しすぎず、いつも通りでいいのだなと。

今月はあと1回、そんな状況になる予感です。飲みすぎに注意します。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2020年講演会・イベントスケジュール】 =======
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
酔っ払う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか