半年前に亡くなった認知症の祖母の手続きはまだ終わってなかったよ

いつものように実家へ帰省し、郵便ポストを開けると母宛てに不思議な1通の封筒がありました。

みなさんもやっている?と思いますが、”やっかいな” 郵便物が来た場合は認知症の母(70歳)に見せる事なく、わたしが処理したり処分したりします。うちで最もやっかいなのが、オリーブオイルのダイレクトメールです。

以前、オリーブオイルを通販で母が購入したのに、知らない請求書が来た!と言って騒ぎになりました。調べてみると、

「自分で注文をだしておきながら、支払をしていなかった」

ということが判明。オリーブオイルの会社には、「ダイレクトメールいらないよ!」 と電話したので、来なくなりました。話を戻して、不思議な1通の封筒は、”生協” さんからのものでした。

何が書いてあったかというと、

「組合員様 死亡脱退申込書送付のご案内」

中身を読んでも、意味不明です。認知症の母に聞いても覚えてないから意味ないよなぁ~と思いつつ、とりあえず聞いてみると、

母:「生協から300円もらえるって、電話が来たよ」

おそらく生協と母との間で会話は交わしたっぽいものの、たぶん内容は間違っていると思い、生協にわたしが直接電話してみました。すると、

生協:「おばあさまは2007年5月に会員となられました。配当金を含めて、1,007円お返し致します。」

わたし:「えっ、会員になってたんですか?」

生協さんと無縁の我が家です。認知症の祖母が生前に ”生協” という言葉を口にしたこともないです。

今回の生協の話は、推測するに、

「認知症で徘徊していた祖母が生協に行き、なんとなく生協の会員になってしまった」

ということです。祖母の成年後見人、銀行&不動産登記相続、葬儀の手配をやって、昨年末はかなり大変でした。今回の生協は簡単なので何の問題もないのですが、亡くなって半年以上経ってから、こういう連絡ってあるんですね・・・

今後も何か来そうで怖いんですが、借金でなければ問題なしです!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)