認知症の母を介護するアラフィフ3人がビール片手に語ったそれぞれの介護感

ビールジョッキで乾杯

イラストレーターであり、超人気介護ブログ『あっけらかん』を運営する、なとみみわさん、女性セブン(小学館)で人気連載中の「明日は我が身の伴走介護」を書いているN記者(女性)、そしてくどひろの3人が、新宿の飲み屋でビールを飲みながら、自由気ままに介護について語り合ったことを、そのままブログ記事にしてしまうという乱暴な企画です。

もし、フリートークを忠実に文字で再現したら、「ハハハ」ばっかりになるので、そこは編集しました。皆さん介護で苦労されているはずですが、ずっと笑ってます。

3人の共通点は、認知症の母親を介護していて、アラフィフだということ。

いつかこの3人で、認知症介護フリートークショーとかできたらいいのにって思います。お2人と話していると楽しいし、介護への向き合い方も勉強になるし、何より笑えます。

そのトークショーに参加する介護者の皆さんもきっと、何かを感じずにはいられないだろうな・・なんてことを妄想しながら、ビール、ビール、そしてビールでした。

アイコンのイラストは、なとみみわさん作です。では、どうぞ!

酔っ払いながら認知症介護についてマジメに語る

N記者
じゃぁ、まず介護感から話しましょうか
くどひろ
介護感って、人それぞれ。バラッバラですもんね~
N記者
介護感もなく、介護への理想も何もなく、頭から突っ込む人、本当に多いですよね
なとみ
この3人の介護感は、めちゃめちゃ近いと思う。介護ってつらい、世間的にはそういうことばっかり言われているけど、どうせ介護やるんだったらね~ 楽しくやってもいいんじゃないかな
N記者
ゴールの見えない介護、目の前のことだけやってたこと、ありました?
くどひろ
34歳の1回目の介護離職のときがそうですね。父が脳梗塞で倒れたけど、どんどん元気になって。1回目のプレ介護のおかげで、介護への覚悟が出来ました
N記者
そこで介護から逃げ出す人もいますよね~
なとみ
そこで、逃げ出したらどうなるの?
くどひろ
介護から逃げて、人生後悔しないのかなって思うんですけど。
なとみ
結局、介護から逃げないで向き合わないと!ってなる。そのときに介護と向き合いながらやるのか、受け身で介護するのかは全然違う。成長度合いも全然変わってくると思う
N記者
今の話って、ある程度介護経験を積んでからだと思うんですけど、初期の頃はバタバタしてました?
くどひろ
バタバタしてましたね。介護保険制度知らなかったし、34歳で周りに介護している人もいないしで。嘘ついて会社辞めたくらいでしたから。内心やべ~って思ってましたけど、父がどんどん回復してくれてよかったですよ。そもそも介護のゴールとかって、イメージしてます?
なとみ
くどひろさん、お父さん、お母さん、おばあさんと介護で比較できたことは、大きかったんじゃないかな?
くどひろ
確かに比較できる人、少ないですよね?
なとみ
3回も介護するなんて、あははは。くどひろさん、分析力すごいですよね。元々そういう性格なの?
くどひろ
そうかもしれませんね。こうやって仕事のように介護をする男性が多くって、完璧主義になってダメになる人も多いです。なので力を抜くのが自分流です
N記者
でもさぁ、女って感情だけで動いて、壁にぶつかる人もいるでしょ。仕事するみたいに、ゴールを見つけて、何をすべきか考える。感情に流されるとダメよね。くどひろさんの話から、女はそこらへんを学ぶべき
くどひろ
仕事って、すげー理不尽なこと、ないっすか?他部署とのくだらない争いとか。何のために仕事をしているのかと悩んだり、苦労しましたよ。認知症ってなりたくてなったわけじゃないから、なんか許せちゃう。私利私欲のためにガタガタいうサラリーマンより、ラクかも
なとみ
会社員が合わなかったんですね。仕事のストレスはないですか?
くどひろ
ないです。こうやって3人で話せますし、楽しい以外にないですよ。なとみさんは、介護ストレスとかってあります?
なとみ
つらいこともいっぱいありますよ、しょうがないんだけど。負の感じになると、ずっと暗黒状態が続きますね。家の中も。そういうときにうちは息子がいたので、闇を切り裂いてくれる。全然関係ないから、あいつは。「たっだいま~」「おばあちゃん、元気~」って、アホみたいに帰ってくる。そうすると、まとわりついてたものが飛んでっちゃう
くどひろ
それ、めっちゃいいですね!
なとみ
2日間、寝てないことがあって。そんなときは息子に帰ってきてほしくない、この状況見せたくないから。でも、アイツは闇を「ハー!」って切り裂いちゃう。全然関係ない人の介入って、とても大切だなと思いましたよ。旦那じゃぁ~、できない
N記者
孫いいよね~。要介護者と子ども2人だけになるのは危険だよ。でもそのことに最初は気づかないでしょ、だいぶあとで気づくのよね。
なとみ
そういうサービスがあるとか、最初は分からないから。どれくらいケアマネと密に、ふところを見せあえるか、すごく大切だと思う。うち、ケアマネ3回変わった
くどひろ
それ、多くないっすか?
N記者
うちはサ高住で、部署変更かなんかでどんどんケアマネが変わるから恵まれない。
なとみ
え゛ーーーーー
くどひろ
マジですかーーー
生とレモンサワーと、生。あと、水ジョッキで1杯もらっていいですか~

なとみ
情報を取りにいくって、とっても大切なことだよね
N記者
情報は大切って、よくいうけど。情報はないのが普通、探そうって思わないのが普通
なとみ
探さないのかなぁ~。1番最初の介護が義母だったから、めちゃめちゃ俯瞰してみてた。のめり込まないまま、看取りまでいけたのがすごくよかった。だから、母のことを理解できるのは、義母のおかげよね

介護者3人のある共通点

実はこの文字起こしは、2時間飲んだうちの最初の30分です。

120分聞いてから、ダイジェスト的にまとめようと思ったのですが、キレイにまとまり過ぎていると臨場感が出ないなと思い、主語など読みやすく補足する程度にしました。

それに途中から自分の言ってることがほぼ、本に書いてあることばかりになってきたので、冒頭の30分を切り取りました。後半部分もいずれ記事にするかもしれません。

3人に共通すること、それは自分の介護経験・取材をブログや本、週刊誌で発信し続けているということです。インプットするより、このアウトプットを意識すると、人生面白いのに・・・わたしがいつも思っていることです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
11/17(日):横浜市瀬谷区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/21(木):長野県飯田市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/30(土):川崎市宮前区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
ビールジョッキで乾杯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか