妻の退職とわたしの生活の変化について

退職願を胸ポケットから出す

妻の膠原病(全身性エリテマトーデス:SLE)ですが、現在はステロイドの量が少しずつ減っており、家の中でひとりで生活もできています。外出も少しずつ距離が伸びておりまして、たまに外食に行くこともあります。

しかし、外出後の息切れや疲れは相変わらずです。焦る必要もないので、ゆっくり日常生活をまず取り戻して、社会復帰までできれば理想です。

妻は今月いっぱいで会社を辞めるので、わたしの生活もいろいろと変化していきます。

わたしの生活リズムを変更する

妻は2週間に1回の通院が決まっているので、わたしの遠距離介護スケジュールもそれに合わせて変更することにします。盛岡に帰る頻度は変わらないのですが、滞在日数を少し減らすことにします。

あとは2人とも家に居ることになるため、わたしはカフェでブログやコラムのお仕事をやるつもりです。近くに家族がいると、集中して文章が書けないタイプなので。

うちら夫婦の家計は決まった金額を夫婦共通の口座に入金して、そこから家賃や公共料金が徴収されるという仕組みで16年やってきたのですが、しばらく妻の収入が途絶えそうなので、わたしが当面はカバーすることになります。

いきなり生活苦になることはないのですが、わたしも安定した収入が得られる方法を考えないとな・・と思っています。

難病申請をしてみた

難病申請をしたことで、妻は医療費の助成が受けられます。難病医療費助成制度を利用することで、 月額自己負担上限額を超えた分が助成されます。とはいえ、そんなに上限に到達することもなさそうで、あって良かったという程度です。

また、区から心身障がい者福祉手当が支給されます。こちらは大変ありがたいです。

傷病手当金の受給

妻が在籍していた会社の健康保険組合から、傷病手当金を受給できそうです。最大で1年6か月受給できそうなので、これは助かります。

障がい者手帳の取得

こちらは申請してみたものの、医師から対象外と言われたので、残念ながら取得はできませんでした。

わたしは妻を扶養に入れることで、確定申告の扶養控除を受けることにします。

ということで、わたしが健康でしっかり働かないと、母も妻も大変なことになってしまいますので、健康には特に注意しながら、がんばりすぎずにしれっと働きたいと思っています。

これまでも家族の健康状態に応じて、自分の働き方を柔軟に変化させてきました。それができるフリーランスという立場は魅力的ですが、やはり収入面がまだまだ安定しません。とはいえ、こういう時の備えであったり、対応力はそれなりにある方だと自分で思っていますし、自分のことをすごく信頼しています。狼狽して身動きが取れなくなる人も多くいるのに、割としれっとできます。

40代頭からずっとこんな感じだったので、慣れたんでしょうね。今回はどう自分を変化させていくのか、楽しみです!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
06/26(水):福井県福井市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか