母親の介護は女性がしたほうがいいと思ってしまう3つの瞬間

女性の介護

先日、妹が認知症の母の介護のために、実家に数日泊まりました。

妹の介護報告を受けたわたしは、「さすが女性目線!」と思わず声に出してしまいました。

わたしがこの7年、母を介護しているときも、「これは息子ではなく、娘のほうがいいかも」と思う瞬間は何度もあって、そのネタだけで90分、男女共同参画の講演会をするほどです。

息子が母親を、夫が妻を介護するケースは年々増えているのですが、どういった瞬間に、母親の介護は女性がしたほうがいい!と感じるのでしょうか?

尿パッドの購入

母の尿パッドを買いにドラッグストアへ行くと、「間違えて」生理用品売場へ行きます。尿パッドのパッケージの外観が、生理用品と似ているためです。

平日昼間、46歳男性、いつもニコニコしているわたしが、生理用品売場でじっくり品定めしていたら、警備員に連れて行かれるかも・・・。ニコニコはいつもはプラスでしかないのですが、あの売場でのニコニコは、ニヤニヤだと思われる!

最初の頃は、夢中でパッド探しをしていたのですが、自分の行動を俯瞰してみたときに、このリスクに気づいてゾッとしました。

その後、通販での購入を検討したり、介護用品と生理用品売り場がしっかり分かれているドラッグストアを探したりして、今はリスクのない、決まったお店で購入しています。

妹(女性)だったら、こんな余計な心配はしなくていいはずです。

下着の購入

7年も認知症介護をしていれば、母のパンツを買うことに抵抗なんてないのですが、尿パッドと同じようにゾッとした経験があります。

母と外出する際、歩行介助のために、常に腕を組んで歩いています。その日もいつも通り、母を連れて婦人洋品店に入り、しれっと女性下着売場に。

母のパンツを選んでいるときに、ふと我に返って、売場を見渡してみると、男性はわたし1人だけ。腕を組んで歩いていたので、介護している感じが伝わりセーフと勝手に判断したのですが、やはりゾッとしました。

今回の介護で、妹に指摘されたのが、ブラシャツの存在。

母はお風呂に入らず、タオルで体を拭いたり、シャワーを軽く浴びる程度です。今までブラを洗濯したことがなかったので、ブラシャツなるものが、世の中に存在していることすら知りませんでした。それで、追加で何枚か購入してもらいました。

ブラキャミなら、ユニクロのCMで見たから分かるのですが、これだけ母と一緒に生活してきたにも関わらず、ブラへの意識がなく、男だな・・と実感しました。

トイレの介助

母のトイレの付き添いの際、女性トイレの前までしかいけないので、いつも不便を感じます。車椅子の方が使うトイレがないケースが実は多く、トイレ内を壁伝いで歩く母の介助ができません。

先日も、健康診断の尿検査の際、女子トイレに入れずに、かなり不便でした。案の定、尿採取をして、尿カップをトイレの中に忘れてきました。そういう時に限って、周りに誰も女性がおらず、手足が不自由な母にトイレに戻ってもらいました。娘だったら・・・。

他にも、長年購入していたAmazonの口紅が生産終了となり、新しい口紅を探しにいったら、どこに何があるかさっぱり分からず、若い美容部員さんに探してもらうなどなど、挙げるとキリがありません。

父が必要とするものは、同じ男性なのでなんとなく理解できます。しかし女性となると、意識の向かないものがまだまだあるなと、今回気づかされました。

男性介護者が増えているとはいえ、本当に介護者全体の4割に迫っているのかな?という実感です。平日昼間、しかも盛岡で母と一緒に病院、外食などをするときは目立ちますし、ムダに褒められることも。

「まぁ、息子さん。お母さんのために、偉いこと~」

超苦笑いしながら「ありがとうございます」と、とりあえず返事するのも、日課です。

息子を子育てした女性なら、ある程度男性のことも理解できるかもですね。姉妹で育ち、娘の子育てしかしていない女家族の方も、父親の介護をしながら、わたしと同じような気持ちになるのかもしれませんね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
11/21(木):長野県飯田市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/30(土):川崎市宮前区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
女性の介護

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか