【ユマニチュード】創設者イヴ・ジネストさん静岡大学客員教授になり、新しい試みを

ユマニチュード

9月14日の中日新聞web版で、こんな記事がありました。

認知症の症状を改善させる看護と介護の手法「ユマニチュード」の普及を目指し、静岡大大学院情報学研究科の竹林洋一教授(63)の研究グループが、映像を使って手法の習熟を促すツールの開発を進めている。ツールは、年内を目標に完成させ、看護師ら医療関係者向けの研修会で活用する。
引用元:http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140914/CK2014091302000266.html

ツールは、介護の様子をビデオで撮影して映像をパソコンで分析。相手を見つめる時間や、会話の声のトーンなどをグラフ化し、理想の介護とのズレをチェックでき、手法が十分に身に付いたかどうか判断できる。ゼミ学生らと病院を訪ね、看護師の協力を得て、映像づくりや分析作業を進めている。
引用元:http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140914/CK2014091302000266.html

そんな流れもあって、4月にユマニチュード創設者であるイヴ・ジネストさんは静岡大学の客員教授になったんだそうです。ちなみに下記のユマニチュード入門は、看護関係では異例の大ヒットですでに6万部を超えたんだそうですよ。(わたしのブログ経由でも、60冊売れて驚きました)

このブログでユマニチュードをご紹介したのは2013年10月だったんですが、あれからユマニチュード関係は約3万回もブログ記事読まれてます。テレビの影響はすさまじいものがあります。特に2014年2月に行った上智大学のユマニチュード講演会レポートは、今でも人気があります。

ユマニチュード入門

ユマニチュード入門

本田 美和子, ロゼット マレスコッティ, イヴ ジネスト
2,068円(04/21 20:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
20140222_130639

これはわたしが参加した講演会のイヴさんの写真↓

ユマニチュード3冊目の本が2014年10月9日に発売になります、著者はNHK取材班の望月健さん。NHKはクローズアップ現代、あさイチ、NHKスペシャルなどでユマニチュードを取り上げてきたので、期待できます。今までの2冊は創設者であるイヴさんや本田美和子医師が関わってますが、今回は初の第三者の視点からの本なので、全く違ったものを期待してます!

ユマニチュード 認知症ケア最前線 (oneテーマ21)

ユマニチュード 認知症ケア最前線 (oneテーマ21)

NHK取材班, 望月 健
880円(04/21 20:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

にほんブログ村 介護ブログへ


【わたしの書いた最新刊】
東京と岩手の遠距離介護を、在宅で11年以上続けられている理由のひとつが道具です。介護者の皆さんがもっとラクできる環境を整え、同時に親の自立を実現するために何ができるかを実践するための本を書きました。図表とカラーで分かりやすく仕上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。
2012年から岩手でひとり暮らしをするアルツハイマー型認知症で難病(CMT病)の母(80歳・要介護4)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて12年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。

【音声配信Voicyパーソナリティ】『ちょっと気になる?介護のラジオ
【著書】親の見守り・介護をラクにする道具・アイデア・考えること(翔泳社)、親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)、医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか