認知症のこだわりの法則

認知症の母(70歳)が、どのように変化していくかをブログで報告しています。

知症の母の状態と現在行っている認知症治療

・コウノメソッド実践医にアルツハイマー型認知症(軽度)と診断されたのが、2013年4月上旬?
・おそらく1年前くらいに発症、祖母が子宮頸がんで入院して家で1人になってから一気に悪化
・サプリメントのフェルガード100M(1日2回)と、お薬レミニール4mgを1日1回処方
ココナッツオイルとMCTオイルのミックス が、寒さで白く固まってしまい、現在は飲んでない。

こだわりの法則」 を解決してあげる週

このブログで何回もお薦めしている、川崎幸クリニック院長の杉山孝博先生が書いた本があります。(ブログ右側でもイチ推ししてますが、amazonだと新刊がもうないんですよね・・・)その本の中に出てくるのが、「認知症をよく理解するための9大法則・1原則」。

この中の第6法則に、「こだわりの法則」 というのがあります。どういうものかというと、

ひとつの事にこだわり続ける。説得や否定はこだわりを強める

うちの母は第6法則が強くでる人で、ひとり暮らしということもあるのでしょう・・・解決するまで、ずーっと 「こだわり」 ます。そのこだわりの2つほどを、この2週間で解決しました。

・換気扇が機能していないので、きれいにしないと気が済まない
・トイレの水が溜まっているところが、黒ずんでいるのできれいにしたい

どちらも毎日使うものなので、認知症でも絶対に忘れません。それを何回も聞かされるわたしは、とてもストレスに感じてしまうので、プロの掃除屋さんに半日かけて掃除してもらいました。

次の日からどうなったかというと、

母: 「いやぁ、きれいになって気持ちいい!」

わたし: 「よかったねー」

こだわりループから、無事脱出できたのでした。(この会話は何回もループしましたが) 「こだわりの法則」 から脱出させるためには、そのこだわりを解決してあげるか、他に興味のある事を探すか しかないですね。説得しない、否定しないというのも日々やっています。

そんな毎日で、ふと思ったのが、

「人間って、正さずにはいられない生き物なんだ」

って。間違いをつい、訂正したくなるんですよ・・・テキトーに流せばいいものを、わざわざ正しい事を言って聞かせたくなる、意味ないのにです。明らかに作り話や妄想話でも、言ってることがムチャクチャでも、こういわなくちゃいけないんです!

「へぇー、そうなんだー」

最終的には自分がラクになるはずなので、できるだけそう言ってるつもりなんですが、やっぱりたまに訂正したくなる自分がいます。究極の人間修行ですな、これ。

ひとり暮らしですが、服薬管理は自分でできています。祖母の法要も終わったので、また平穏な毎日に戻りました。それもあってか、年末年始はふつうに生活できました。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
02/22(土):岩手県盛岡市  → 非公開
03/14(土):茨城県古河市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ