3月になると遠距離介護がラクになる3つのワケ

3月の桜

NHKニュース「おはよう日本」のお礼

3/7(木)のNHKニュース「おはよう日本」(全国)の朝4時台と5時台の2回、「がんばらない介護 あるブロガーの試み」が放送されました。たくさんの方に見て頂けて、とてもうれしいです。

合わせて2日間、4回も放送されることになったのですが、1回目(東北6県)と2回目(岩手のみ)、3・4回(全国)で、実は内容が微妙に違います。

特に全国版は、わたしがたまたま八戸にいたとき、追加の電話取材で話した内容がそのまま、アナウンサーのコメントとして使われておりました。

ブログや本にも書いていない、介護をしていて最も幸せだったエピソードが紹介されているので、録画された方はアナウンサーのコメントも合わせて見てくださいね!

自分の頭の中には介護ネタのストックがたくさんあるのですが、自分では引き出せないものが、取材によって引き出された最もいい例です。

わたしは受けのコメントを除けば、「おばんですいわて」がちょっとだけ尺が長く、一番良かったと思っています。

1.インフルエンザの猛威から逃れられる

2019年3月までのスケジュールを見たとき、講演会や取材など、絶対に風邪をひいてはいけないものばかりでした。

それなのに、妻の病院ではインフルエンザが蔓延しているし、母をものわすれ外来、歯科、眼科に連れて行くなど、いかにもインフルエンザになりそうな場所ばかりに、行かなくてはなりません。

そして本当に自分の代わりはいない!今思えば、会社員時代も同じように考えていたところがあるのですが、実は代わりに仕事をしてくれる人はいたんですよね・・うぬぼれが過ぎました。

マスクは必須。こまめに手洗い、うがいを繰り返し、病院を出るときは必ずアルコール消毒をして、潔癖症か!ってくらい、厳重に管理しました。

あと、ドトールのHOTジンジャーほうじ茶ラテ(マシュマロ入り)を、何度も飲みました。ジンジャーがきっと体にいいだろうという、安易な理由からです。

3月になりインフルエンザもだいぶ終息。母もインフルエンザにならなかったので、無事乗り切れたことにホッとしております。

2.温度差疲れがなくなる

冬の遠距離介護は、盛岡と東京の温度差が大きいので、体がついていきません。

マイナス10度台の極寒の地にいたかと思えば、最高気温10度の都内に移動したりという日々が数か月も続きました。

3月になれば、盛岡もだいぶ暖かくなるので、温度差による移動疲れがだいぶなくなります。

3.母が活動的になる

12月から3月くらいまでが、認知症の母の状態が最も心配になる時期です。

今年は雪が少なかったので良かったのですが、以前は雪が降ると、手足が不自由なのに薄着で雪かきしちゃうこともありました。またコタツに居る時間が長くなって、生活不活発病になり、動けなくなったこともありました。

これからは暖かくなるので、母の活動量も自然と増えます。それだけで、わたしは安心です。夏は熱中症の心配をしなければなりませんが、とりあえず春は遠距離介護向きの季節ですね。(わたしも母も花粉症ではありません)

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
06/26(水):福井県福井市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか