かかりたくない医者の6条件とは?(認知症編)

ボーダーライン

介護家族の皆さんと、講演会や認知症カフェなどでよく話題になるのが「認知症のいい医師はどこにいる?」という問いです。

かかりつけ医以外とは話す機会がなかったのですが、お仕事で医師と話す機会が増えたので、直接この問いを聞いちゃってます。

認知症の医師の話ではありませんが、外科医の中山祐次郎先生が考える「かかりたくない」医者は、次のような人です。

・話を聞かない医者、話を遮る医者
・白衣がヨレヨレな医者
・看護師や若手医師に異常に高圧的な医者
・「わからない」といえない医者

引用元: https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20181019-00100130/

この4条件は、認知症の医師にも当てはまると思います。白衣がヨレヨレだけピンとこなかったのですが、確かに多忙を言い訳にそんな恰好をしていたら、家族は不安になります。

わたしが条件を加えるとしたら

この4条件に、わたしが思う2条件を加えます。

わたしは「ムダに抗認知症薬を処方する」医師にはかかりたくない、これが第一条件です。

下記記事どおり、平川亘先生の本と処方されているお薬の量を比較し、副作用も見極めてどんどんお薬が増量するなら、しれっと次の病院を探します。

『明日から役立つ認知症のかんたん診断と治療』は介護家族や介護職にも超オススメの認知症医療本

2017.06.05

次の条件は、先日の認知症治療研究会 in 大阪のトークセッションの最後の話です。

わたしはセッションでご一緒した長尾和宏先生に「いい医者はどこにいるんでしょう?」と質問しました。

そしたら長尾先生はずばり「人柄」と言われました。今度は長尾先生から「工藤さんはどうやって探すの?」と逆質問されたので、わたしは「認知症カフェや介護仲間から、その地域の口コミを探る」と言いました。

認知症カフェの家族同士の意見交換は、本当にストレートです。口コミサイトやSNSでの評判ではない、生の声が一番参考になります。誰にもコントロールできない口コミは極端なこともありますが、的を射た発言も多くて・・・。

認知症の医師とのつきあいは、内科や外科と違って長くなるので、おそらく家族は人柄や今まであったことを総合して、ストレートな意見を言っているものと思っています。そして悪評千里を走る(悪い噂は一気に広まる)と言います。

まとめると、話を聞かず、ヨレヨレの白衣を着て、スタッフに高圧的で、「分からない」と言えない、薬をどんどん増やす、人柄のよくない医師は、かかりたくありません。

どれも1回の診断では分からないものばかりですが、人間いろいろな会った時に必ず何かフィーリングを感じとるはず。その直感って、長い人生経験で鍛えられるので「なんかあわないかも」と思えば、それ当たっていたりします。

11月17日に横浜市瀬谷区で認知症専門医である川口先生と話す機会があるので、医師がかかりたくない医師について質問する予定です。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
11/17(日):横浜市瀬谷区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/21(木):長野県飯田市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/30(土):川崎市宮前区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
ボーダーライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか