週刊誌取材を通じて感じた記者の介護への興味について

週刊誌

今まで新聞や週刊誌の介護取材をたくさん受けてきたのですが、週刊誌に対しては警戒心が強く、最初の頃は取材を受けるかどうか悩んでおりました。

どういう警戒心かというと、認知症介護や遠距離介護がつらい、苦しい、介護虐待や拒絶を取材され、おどろおどろしい記事になるのがイヤだったからです。

そういった記事のニーズのほうが圧倒的にありますし、介護者も共感しやすいので、取材も自然と「そっち」方向になりやすいです。

ただ、わたしのブログは7年前からスタンスが違っていて、どうやったら介護がラクになるか、しれっと介護をするにはといった話が中心で、愚痴は少なめです。なので、介護者の共感が全く得られない、妬まれることもあります。

悩んだ結果、ブログお問合せ欄に「壮絶な介護を取材したい方は目的と合致しない」と書いてからというもの、そういった取材依頼が全くこなくなり、わたしの壮絶系の記事は掲載されなくなりました。

今まで掲載された週刊誌・月刊誌は、AERA、婦人公論、週刊朝日、サンデー毎日、週刊文春、女性セブン、週刊女性、栄養と料理、ゴールデンライフで、皆さんいい記事を書いてくださいました。

週刊誌の部数や男女比のデータ記事(2017年)のリンクを貼っておきます。シニア世代の読者が多いのは誰もが予想できるのですが、1位の文春さんの女性読者の多さは、意外でした。

芸能のイメージが強い週刊誌ですが、読者が高齢化しているので、介護もキラーコンテンツになりつつあります。介護や高齢者の話ばかり書いてある週刊誌もありますしね。

週刊誌記者の介護への興味度合い

記者の皆さんはとても真面目で、真剣に取材をしてくださいますし、同行するライターさんもわたしの介護話に興味津々です。

もちろん礼儀として、真剣に話を聞いてくださる部分もあるのですが、ライターさんも記者さんも、わたしと同世代が本当に多い!なので、仕事ではなく将来の「自分事」として介護をとらえ、記事にする方ばかりです。

喫茶店で1~2時間くらい取材を受け、原稿が後日送られてきて、わたしがそれをチェックをして完了です。わたしは間違いがあれば修正しますが、それ以外の部分は基本修正しない主義です。

記者さんを通じて、介護現場の話を知ることもできるので、わたしの仕事としても大変ありがたいです。だから盛り上がると、取材時間が長くなることもあります。

発行部数がどんどん減っている週刊誌ですが、介護ニーズはどんどん高まっています。少し若い世代は、dマガジンで週刊誌を読んでいる方もいるでしょうし。

最初は記者の皆さんが怖かったのですが、今は文章力、取材力を含め尊敬しています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
11/17(日):横浜市瀬谷区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/21(木):長野県飯田市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/30(土):川崎市宮前区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
週刊誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか